line_box_head

【知ってた?】レンタカー利用の人必見! ガソリン給油に関する目からウロコネタ

(2016.09.12)

アウトドアのTOP

icon


 夏も終盤、少しずつ日中の気温が下り、キャンプへ、秋の野外フェスへ、紅葉の山へ……と外出が気持ちいい季節がやってきます。

 そんな外出では最近はマイカーよりもカーシェアリングでクルマライフを楽しむ人が少なくないようです。また北海道や沖縄といった遠方の旅先ではレンタカーを積極的に利用する人も多いでしょう。そんなふうに、乗るクルマが頻繁に変わる人にとって、よく遭遇する状況として以下がひとつ挙げられるのではないでしょうか。

「このクルマ、ガソリンの給油口って右だっけ? 左だっけ?」

 レンタカーの返却間際にガソリンスタンドへ立ち寄ったはいいけれど、あああああぁぁぁどっちだった!?

 車を降りて確認すれば済む話ですが、じつは運転席に座ったままひと目で判別できる方法があったことをご存知でしょうか。

 その確認場所とは……。

 どのクルマにもかならずある燃料計の……。

 給油機マークの隣にある三角マークの向き! クルマの左側に給油口があるなら「◀」、右側なら「▶」といった具合に三画マークで表示されているんです。つまりこのクルマは左側ということ。

 Googleの画像検索で調べてみると、自動車の給油口は左右まちまち。それは法律で給油口をマフラーから遠ざける必要があったり、ガソリンスタンドでの給油効率をアップさせるためワザとバラしているなどあるようですが、何にせよほとんどのクルマでこの三画マーク方式が採用されているそうです。

 なにそれ、そんなこと!? と思った方、驚きましたよね。Akimamaスタッフもそうでした。

 すでにご存知の方、意外と知られていないものなんですよ。今度クルマに乗ったときドヤ顔で友達に教えてやりましょう。

 そういうわけでみなさん、この秋も楽しく安全なドライブでフィールドへもりもり出かけましょう!

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot