line_box_head

まだ間に合う!もっと夏を味わいたい。潜・登・食、神津島旅雑記

(2016.08.24)

アウトドアのTOP

icon


東京・竹芝を出航する「さるびあ丸」。約10時間の船旅。夜景を楽しみながら出発だ。天気がよければ途中で満点の星空が見えるはず。 ©神津島村役場

プロローグ 「ああ、行きたいなぁ」から「よし、行くぞ」まで
 それは、出発の3日前に思い立った旅だった。
このままでは夏を感じないまま、夏が終わってしまう…。青い海をスノーケリングしたいし(あわよくば突きたい)、山にだって登りたい。おいしい魚も食べたい。

しかし東京住まいで、次の週にすでに予定も入っている。長期は難しく、しかも時期は夏休みのハイシーズン。いまから宿やら飛行機やら、おさえられるわけがない。混雑を想像するだけで、行く気がそがれてしまう。

そんなとき、ふと、先輩の声を思い出した。「夏は島だよ、島。そんなに混まないから」島か…。たしかに、いいかもしれない!そうだ、どうせ行くならまだ行ったことがないところがいい。

都内からアクセスのよいアイランド、間違いなく伊豆七島だろう。
ちくちくとインターネットなどで調べながら、だんだんと目的地が定まってきた。

「神津島だな!」

青い海はもちろん、天上山だってある。新鮮なキンメダイだって食べられるはずだ。
ジェット船に乗れれば、竹芝から約3時間で行ける。

というわけで、行き先は神津島に決定。船にも空席が出はじめ、即予約!さらに幸運なことに、この思いつき旅に付き合ってくれる友人もみつかった。とにかく島へ渡る手段さえどうにかなれば、あとはなんとかなるだろう。(※もし席がおさえられなかったとしても、「席なし」という手がある)
こうして神津島ツアーは、電光石火のごとく決まったのだった。所要時間約60分。


船はいい。旅してる!そんなことをひしひしと感じるもの。すでに甲板に人の姿はないが、昨晩は「席なし」の人びとでごった返していた。

DAY1 いよいよ神津島に上陸。青い空と海よ、こんにちは。 
 神津島へのアクセスは、行きは大型客船、帰りはジェット船を利用。どちらも直前になってキャンセルが出たようで、うまくインターネットから予約することができた。大型客船は前日の23時ちょうどに竹芝を出航し、翌朝9時少し前に神津島に着く。一方、ジェットフォイルの所要時間は3時間ほど。うまく組合わせられると、現地でめいっぱい遊べる。

 大型客船は、大島、利島、新島、式根島に寄港しながら最終目的地の神津島へと向かう。東京から神津島の直線距離は約180キロだ。
上陸!この日は穏やかで予定通り、ほぼ定刻に神津港に入港。天候によっては、多幸湾の三浦港に入ることもあるそうだ。

ほぼ定刻どおりに、入港。やっと神津島に上陸!そのまま港にあるまっちゃーれセンターを目指す。まっちゃーれセンターは、観光協会の窓口や、船の受付、トイレ、休憩所などがあって、フリーWi-Fiもあり。

観光協会でキャンプ場利用の申し込みと、島内情報をGETする。神津島には3つのキャンプ場があり、そのうち2つは、無料(現地にて要申し込み)。もうひとつは、レンタルなどいわゆる設備が整ったキャンプ場だ。宿をおさえていなくてもこの旅が決行できたのは、キャンプ場のおかげ。無料キャンプ場は、キャンプ場というよりは海岸で、砂浜のフリーサイトといったところ。でも、水洗トイレや水シャワー、炊事場もすぐ近くにあり、素晴らしい環境なのだ。

しかも島の方が、毎日掃除に訪れてとてもきれいにしてくれている!
ここが長浜海岸。のんびりとしていて静かな砂浜。10から15張程度のテントが張られていたが、広々と張れる。夜も静かで、ときおりパトカーが巡回してくれていた。

港に近い沢尻湾キャンプ場は、人気フェス会場のごとくテントがひしめき合っていた。集落や温泉からも近く便利なのだが、もう少しゆったりした場所にしようと長浜キャンプ場に泊まることに。

起きたらすぐ海が見えるように、出入り口は海に向ける。明け方はとても涼しくなるので、シーツなどが1枚あるといい。

我が家を建て、さっそく恋い焦がれた青い海へ!これ、これ、これ!青い海がやさしく迎え入れてくれたのだった。

波打ち際からちょっといったら、お魚天国。ソラスズメがわんさか、お出迎え。思ったより海水温は低かった。

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot