line_box_head

ヒマラヤの未踏峰「ナンガマリⅡ峰」に昨年初登頂した東ネパール登山隊の報告会開催

(2017.01.31)

登山のTOP

icon

 昨年の10月17日にナンガマリⅡ峰初登頂の偉業を達成した「日本山岳会関西支部東ネパール登山隊2016」の報告会が、2017年2月14日、東京で開催されます。

 日本山岳会関西支部東ネパール登山隊2016は、2015 年(平成 27 年)に迎えた日本山岳会の創立 110 周年、そして関西支部設立 80 周年の記念事業のひとつとして計画されたもので、東ネパール北東部(カンチェンジュンガ山群)、チベットとの国境線近くにあるナンガマリⅡ峰(6209m)からナンガマリⅠ峰(6547m)への初縦走をめざして結成されました。

 この登山は、日本山岳会が行なってきた高峰登山の伝承を目的とし、高峰登山経験者とヒマラヤ登山が初めてという若手会員が登山・生活を共にし、そのノウハウを次世代に伝えていくという狙いがあり、総勢9名の隊員が集まりました。

 この隊を率いたのは、日本を代表する登山家の重廣恒夫氏。1973年のエベレスト南壁から、1995年のマカルー東稜まで22年間、14回ものヒマラヤ登山隊に参加。「より高い山を、より厳しいルートから、より難しい方法で登る」という、アルピニズムの哲学を長年にわたりヒマラヤで実践しながら幾多の高峰に足跡を残し、日本のヒマラヤ登山の発展に多大なる貢献をしてきた方です。

 本隊が9月9日に日本を発ち、10月17日にナンガマリⅡ峰初登頂の偉業を達成するまでの道のりを、重廣隊長自ら報告されるそうです。


 アルピニズムの原点に立ち返り、ヒマラヤ登山を通して伝えたかったこととは? 

 その真実を直接お聞きする貴重な機会です。ご興味ある方は、ぜひこの機会をお見逃しなく。


東ネパール登山隊2016 ナンガマリⅡ峰(6209m)初登頂 報告会
場所:polygon 表参道店
   〒150-0001 渋谷区神宮前5-9-15 トータルアートワークスクエアB2
日時:2017年2月14日 19:00~20:00(18:30分開場)
定員:40名 要予約
予約/問い合わせ:info@haglofs.jp アシックスジャパン ホグロフス事業部

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot