line_box_head

一度は渡ってみたかった!! 開通一年、伊良部で噂のあの橋を渡ってみた。

(2016.02.27)

アウトドアのTOP

icon

 沖縄県宮古島地方にある「噂のあの橋」といえば、昨年1月31日に全線開通となった伊良部大橋のこと。取り付け部まで含めると橋の全長は6.5km、海のど真ん中を渡る本橋部分だけでも3.54kmもあり、しかも通行料はナシ。県道252号の一部に指定されたいわゆる一般道路であり、車はもちろん、自転車もOK、徒歩でだって渡ることができる。

 橋梁の幅は8.5mで、片側一車線の道路の両サイドには幅1.25mの路肩が設けられている。島と島をつなぐ海峡の大橋なので、当然ながら橋の下には航路が設けられ、貨物船用の長山水路と漁船を対象とした久松水路がある。長山水路のほうの橋の高さは海面から27mもあり、橋のてっぺんからは今までにない目線で宮古の海を眺めることができる。車窓から眺めているだけなのに、なぜだか海上すれすれの空を飛んでいるような気分にもなり、これがまた、ハイテンションにならずにはいられない。摩訶不思議な海上散歩が楽しめるだけに、新名所として注目されているのも理解できる。


伊良部大橋のいちばん高いポイントは海上から27m。写真は伊良部島から宮古島へと向かっているところ。自転車で走ったら、さぞかし気持ちのいいことでしょう!!

 ところで、架橋の要請活動が始められたのは1974年だというから、もう42年も前のこと。半世紀とは言わないが、それに近い年月を経ての架橋実現だけに、橋に対しての地元での期待は高い。当然ながら、島民にとってはそれこそ生活の根本から変わっていく話で、流通も観光も人の流れもなにもかもが架橋前とはちがったものになっていく。この架橋によって、宮古島の平良港と伊良部島の佐良浜港を結んでいたフェリー航路は廃止されている。

 いままでの伊良部の玄関口だった佐良浜の港にも立ち寄ってみたが、やはり、ひっそりと静まり返っている。真冬の2月だっただけに観光客が少ないのは織り込み済みとはいえ、島内の他の観光ポイントにはそれなりに人は多く、なんと大型の観光バスまでも行き交っている。これは、フェリーしかなかった時代には考えられなかったことだ。また、橋に近い島の南東エリアには、新しい南国の雰囲気満載の宿泊施設が何棟も完成していた。

 交通の便がよくなっただけに、島自体が新たな観光資源となるのは当たり前で、島自体が今後どんどん変わっていくだろうことは容易に想像がつく。ゆったりと流れていた島の時間が、徐々に早くなっていくのだろうなぁ、と思うと複雑な気持ちにもなる。ただ、これは島外の人間が思うことであり、まったく別の話なり。


伊良部島の牧山展望台からは、伊良部大橋の全貌が手に取るようにわかる。こちらの展望台は島のもっとも高い場所にあり、宮古本島はもちろん、来間島や池間島などが見渡せる絶好の場所

1 2
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot