line_box_head

この春、桜をめでに奈良吉野へ。花あり、食あり、オススメのお花見ハイキングルート

(2016.03.25)

アウトドアのTOP

icon

 毎年多くの人々がおとずれる吉野山。”桜が見たくば吉野へござれ…”そんなことわざがあるように、吉野山はむかしから桜の本場、名所といわれている。吉野の桜は、ソメイヨシノとはまた違った優美な美しさがある。

ソメイヨシノを見慣れていると葉が出ている様は終わりかけのような印象を持ってしまうが、花がほころび葉も開くこの姿がまさに花盛りなのだ。ⒸHiroko Shimizu

 吉野山は下千本、中千本、上千本、奥千本と麓から山の斜面をゆっくりと塗り上げるように、徐々に花を咲かせていく。ふもとの下千本が満開のころ、上千本や奥千本はまだまだつぼみがかたい。それだけ長い期間楽しめるところでもある。

吉野に咲く桜の多くは古来より伝わる品種のヤマザクラで開花と同時に赤茶色の葉も出るのが特徴。ⒸHiroko Shimizu

 たいていは、近鉄吉野駅からケーブルカーに乗ったり、登っていったりするが、シーズンともなればそれなりに混み合う。そこで、脚に覚えがあるAkimama読者にオススメしたいのは、ゴールを近鉄吉野駅にするハイキングコース。吉野山の東側からとりつき、青根ヶ峰(858メートル)へ登り、奥千本から上千本、中千本と下りながら桜をめでる。約4時間30分の歩きがいがある道だ。登り始めから蜻蛉の滝に出迎えられ、みずみずしさを感じられるだろう。

高さ約50メートルの蜻蛉の滝。美しいだけでなく、黒い岩肌に水しぶきが飛び、とても迫力がある。Ⓒ川上村役場

 この蜻蛉の滝方面から吉野山をめざすルートがよい理由はもうひとつある。上千本あたりが満開の時期に行くならば、午後のほうが光を受けてより色濃く鮮やかに感じられるからだ。朝から登りはじめれば、光の具合がちょうどいい頃合いになっている。

これぞ一目千本。吉水神社から臨む絶景だ。午前ももちろん、清涼感ある眺めで素晴らしいが、太陽が西に傾きはじめたころも、またよい。実際には3万本ほど植えられていて、種類は200を数えるという。ⒸHiroko Shimizu

 ところで、そもそもなぜ吉野は桜の名所といわれるようになったのか…。そこには金峯山寺と役小角(役行者)と大峰山、山岳宗教が深く関わっている。話しは1300年ほど遡る。自然界は八百万の神が宿る神域と考えられ、修験道の開祖である役小角(役行者)は吉野山から連なる大峰山脈で修業を重ねていた。そして苦行の末に金峯山寺の本尊である蔵王大権現を感得、怒髪天を衝く恐ろしい顔つきが大衆を救うのだと、その姿を桜の木に彫り祀ったという。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot