line_box_head

フェスカメラマン・宇宙大使☆スターさんが選んだ、カメレオンの快適さとは?

(2016.07.13)

アウトドアのTOP

icon

MERRELLユーザーインタビュー
第5回/宇宙大使☆スターさん

 フジロックをはじめ、数多くの野外フェスのオフィシャルカメラマンとして、野外フェスの楽しさを写真で伝えてくれる宇宙大使☆スターさん。フジロックでは、一日3万歩も歩くという。突然の雨にも対応でき、しかも疲れないという理由から、ゴアテックスのハイカットのメレルを愛用するようになって10年以上になるという。宇宙大使☆スターさんに、カメラマンになろうとした理由やフェスの写真を撮りはじめたきっかけをうかがった。

 

●25歳でカメラマンを志す

 フジロックフェスやライジングサンロックフェスなど、多くのフェスにオフィシャルカメラマンとして参加している宇宙大使☆スターさん。毎年、夏フェスシーズンを目の前にした時期には、宇宙大使☆スターさんの写真が、雑誌やウェブサイトに数多く掲載される。今のフェスの雰囲気を写真で伝えてくれているのが宇宙大使☆スターさんだ。
 宇宙大使さんがカメラマンを志したのは25歳。一線で活躍するカメラマンと比較すると、かなり遅い一歩目と言えるだろう。
「美大で染色を学んでいたんですよね。生地のパターンといったデザイナーになりたかったんですけど、就職氷河期ということもあって、就職は早々に諦めてしまって。卒業して、しばらくオーストラリアにいたんです。
 日本に戻ってきて、何をしようかなと思ったときに、ふとカメラもいいなと思って。絵描きって誰でもなれるわけじゃないけど、カメラはシャッターを押せば誰でも撮れるじゃないですか。それでインターネットで検索して、カメラマンのアシスタントを募集しているスタジオを見つけて、応募したら受かってしまったんです。超安易ですよね(笑)。絞りとかシャッタースピードとか、まったくわからない状態でしたね。
 カメラマンのアシスタントとして働きはじめたものの、今何が求められているのか、どう動けばいいのかなど、見えない日々が続いて行ったんですね。半年が経過してもなかなか動きがつかめない。それが悔しくて、わかるまでいようと思って。そしたら、少しずつ写真が楽しくなってきたんですよ」
遊びに行った朝霧ジャムで撮った写真を自分のホームページで発表したことがきっかけで、フジロックのオフィシャルカメラマンとして、フェスの写真を撮り始めた。現在では、フジロック、ロックインジャパン、ライジングサンのなどのオフィシャルカメラマンも務めている。(写真:加藤尚一郎)

 デジタルサウンドが鳴る小さな野外パーティーが好きで、遊びに行く際にはカメラを持っていくようになっていったという。ファインダーを覗くことによって、自分が何を撮りたいのかを探していた頃だったのかもしれない。そして友人に誘われて、朝霧ジャムに初参加した。2003年のことだ。
「小さなパーティーって、その場でできるコミュニティみたいなものがあるじゃないですか。そういうのが好きでパーティーに通っていたんですよね。大きなフェスになると、音楽がメインになってしまって、横の繋がりって作れないんじゃないのかって思っていて。
 朝霧ジャムに行ったら、1万人もお客さんがいるのに、小さなパーティーと同じような雰囲気があることに衝撃を受けて。『これは事件だ、みんなに知らせなければならない』と考えて、勝手に写真サイトを作って、公開したんです」
 それがフジロックのオーガナイザーの目に止まり、2005年にはフジロックという日本を代表するビッグフェスのオフィシャルカメラマンという大役をオファーされることになった。
「雑誌などのメディアに掲載される当時の写真って、ミュージシャンのライブ写真ばかりだったんですよね。そこにも疑問を感じていて。もちろんライブがフェスのメインではあるんだけど、他にもメインってあるんじゃないのかって。お客さんが楽しんでいる雰囲気を撮りたいと思って」
 宇宙大使さんは、フェスで楽しんでいる人やフェス全体の雰囲気を、一枚一枚のカットに収めていった。宇宙大使さんの写真によって、フェスをイメージし、行ってみたいと思った人は、相当の数がいるだろう。お客さんだけではなく、フェスを撮りたいというカメラマンも増えているように思う。
今回、聞き手となったのがフェスおじさんこと菊地崇さん。フェスカメラマン(宇宙大使☆スター)とフェスおじさんが揃うフェスは間違いない、という定説があるとかないとか

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot