line_box_head

アウトドアで働く人々インタビュー 浅野慧さん 『アウトドア資源で地域を盛り上げる!』

(2016.10.06)

アウトドアのTOP

icon

 人生の半分くらいは、アウトドアでメシを食ってきた。
 アウトドアで働く人たちは、なんだか一本筋が通っていて、気持ちいい。ときにはクセモノも…? そんな、アウトドアズマンたちの仕事を聞いてみるのが本企画。

いい人材がたくさんアウトドア業界にきますように…ナムー。今回もそんな思いを込めてスタートします。

浅野慧さん。海、川、山、湖…あらゆるアウトドアフィールドに精通している。

 第二回目は、浅野慧(あさの・さとる)さん。浅野さんは、かつて東京にあるアウトドアメーカーに勤めていたが、現在は一般社団法人信州いいやま観光局に勤めている。長野県飯山市在住だ。

 飯山といえば去春、長野から金沢までをむすぶ北陸新幹線が開通したばかり。長野駅からひとつ目の駅が飯山駅。かつての飯山駅は、新幹線も停まる駅として生まれ変わった。じつは、この新生飯山駅の誕生により、飯山は新たに「アウトドアの起点」としての役割も持つようになったのだ。それが浅野さんの仕事でもある。

飯山駅1階にある「信越自然郷アクティビティセンター」。駅に着いたら、まずここへ!旬なアウトドアの楽しみ方を教えてくれる。

 長野県北部に位置する飯山市は、上信越高原国立公園と妙高戸隠連山国立公園の玄関口。飯山駅を中心に、約半径20キロの山岳高原を「信越自然郷」という広域エリアとしてとらえ、訪れた人びとにあらゆる旅のスタイルを提案している。信越自然郷は、飯山市、中野市、妙高市、山ノ内町、信濃町、飯綱町、木島平村、栄村、野沢温泉という9市町村にまたがり、アウトドア好きはとくに注目したいエリアだ。

ー具体的にはどのようなお仕事をしているのですか。

アウトドアを使った地域振興、観光振興というのが大きな仕事です。地域の観光PRともいえますが、この地域の自然やアウトドアアクティビティを楽しんでもらう取り組みです。飯山駅開業と同時にオープンした信越自然郷アクティビティセンターの運営ですね。手ぶらできても、信越自然郷のエリアにすぐ遊びに行けるように、レンタル品を用意して貸し出しを行っています。また、体験ツアーを紹介して、ここで受付をする、いわゆるツアーデスクですね。

右が浅野さん。同僚の平田芙悠子さんと。アクティビティセンターのカウンターで、ツアー予約やレンタルなどの受付業務を行う。

また、弊社でツアーやイベントを企画したりもします。アウトドアアクティビティを盛り込んだツアー。例えば、1日目にウォーターアクティビティをして、その日は温泉宿に宿泊、2日目は登山をするといったパッケージツアーを作って。そうした旅行商品を作って販売もしています。

会社としましては、観光施設の運営なども行っています。温泉施設や千曲川沿いにある道の駅なども。ここの施設は信越自然郷の広域事業ですので、周りの市町村との連携で行っています。

1 2 3 4
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot