line_box_head

【タヒチ紀行1】ポリネシアン カヌー・ルネッサンス 

(2019.11.11)

アウトドアのTOP

icon

 タヒチへは、成田空港から直行便で、およそ11時間半。篠遠喜彦博士を頼ってタヒチ通いをしていた1990年代の中頃、日本からの直行便といえば、エール・フランスだったが、98年からはエア・タヒチ・ヌイになった。1社だけというのは変わらないが、タヒチ資本の航空会社が生まれ、フランス資本に取って代わったのである。

 90年代は、転換期だったのかもしれない。エア・タヒチ・ヌイの機内誌『REVA TAHITI(レヴァ・タヒチ)』を読んでいて、そう思った。かつて機内誌の誌面は、ステレオタイプな楽園イメージを掻き立てていた。いまはポリネシア文化を伝える記事が多くなった。それも骨太の民族誌的な記事だ。わたしは長いフライトの間、20年ほどのタヒチに対する空白を埋めようと、丹念に機内誌のページを繰った。

 なかでも、ダニー・ハザマ(DANEE HAZAMA)の記事が目を引いた。彼は、90年代からタヒチを拠点にして活動している日系アメリカ人だ。本職は写真だが文章も書き、タヒチのみならず、南太平洋各地の文化を丁寧に伝えている。搭乗便の機内誌では、カヌー文化の記事にすばらしい写真を提供していた。

 彼のように探検的な活動をする者たちが集まり、「タヒチ・ヌイ・エクスプローラーズ」という組織をつくっている。これをエア・タヒチ・ヌイは支援しているようだ。そして、ダニーら現代の探検家をアンバサダーに迎えている。

『レヴァ・タヒチ』は、仏英日の3言語で編集されているもののほか、英語併記の中国語版がある。こちらのほうにダニーは、台湾南部の離島、蘭嶼で、タオ族の伝統的な祭りを追った迫真のリポートを提供していた。台湾での3年におよんだフィールド・スタディの成果である。

1 2 3 4
 
 
ライター
藍野裕之

(あいの・ひろゆき)1962年、東京都生まれ。文芸や民芸などをはじめ、日本の自然民俗文化などに造詣が深く、フィールド・ワークとして、長年にわたり南太平洋考古学の現場を訪ね、ハワイやポリネシアなどの民族学にも関心が高い。著書に『梅棹忠夫–限りない未知への情熱』(山と溪谷社)『ずっと使いたい和の生活道具』(地球丸刊)がある。

line_box_foot