line_box_head

ポリネシアに過去を贈り届けた考古学者、篠遠喜彦博士を讃える記念式典が、タヒチ・フアヒネ島で開催

(2019.10.12)

カルチャーのTOP

icon

EI MURIAROHA NO’OE〜永遠の愛と感謝をあなたに

 前日までの雨季の名残りの曇り空が、嘘のように晴れ渡った9月3日(現地時間)、一昨年に亡くなったひとりの日本人考古学者を記念する式典がタヒチの離島、フアヒネ(Huahine)島で開催された。

 タヒチとは、南太平洋に位置するソサエティ(Society)諸島の総称である。広い太平洋の中で、ハワイ、ニュージーランド、イースター島を結んだ一辺が8000kmほどになる巨大な三角形の内側がポリネシアだ。ソサエティ諸島は、その中央部にあり、周辺のオーストラル(Austral)諸島、トゥアモトゥ(Tuamotu)諸島、ガンビエ(Gambier)諸島、マルケサス(Marquesas)諸島を含めて、現在はフランスの海外共同体であり、地理的には「フランス領ポリネシア」と名付けられ、フレンチ・ポリネシアとも呼ばれている。

 領内には118の島がある。ソサエティ諸島は、タヒチ島をはじめ、14の島で構成され、ふたつの群島に分かれている。諸島は南東から貿易風の影響が強いため、タヒチ島の周辺5島が風上(ウィンドワード)群島、その西北にある9島が風下(リーワード)群島と呼ばれる。

 式典は、風上群島のタヒチ島から約175kmにある風下群島のフアヒネ島で開かれた。

 この広い太平洋に点在する島々に、人は、なぜ、いつ、どのようにして移り住んだのか。この人類史上最後とも言われる民族移動の解明に、生涯をかけて取り組んだ日本人考古学者が、篠遠喜彦博士だった。今回の式典は、博士を讃える記念碑の除幕式だった。

Dr.Yosihiko.H.Shinoto(しのとお・よしひこ) 1924年9月3日 東京保谷市生まれ。自由学園入学後、考古学を志す。紆余曲折を経てハワイ大学を卒業し、ハワイビショップ博物館に勤務。1961年、北海道大学で理学博士の学位を取得後、ハワイに戻り、調査範囲をポリネシア全域に広げ、ポリネシアの重要な遺跡の復元活動を行なう。1978年、フアヒネ島の水没遺跡で古代の遠洋航海型カヌーを掘り出す。復元された遠洋航海型カヌー「ホクレア」の学術顧問に就任し、ハワイ〜タヒチ間約3000kmを、伝統的な航海術を用いて成功させる。おもな著作に荒俣宏氏との対談による「楽園考古学」(平凡社)がある。2017年10月4日、ホノルルにて死去。享年93歳。©️ Bishop Museum [Sinoto1967]。(写真=ビショップ博物館)

1 2 3 4 5
 
 
ライター
藍野裕之

(あいの・ひろゆき)1962年、東京都生まれ。文芸や民芸などをはじめ、日本の自然民俗文化などに造詣が深く、フィールド・ワークとして、長年にわたり南太平洋考古学の現場を訪ね、ハワイやポリネシアなどの民族学にも関心が高い。著書に『梅棹忠夫–限りない未知への情熱』(山と溪谷社)『ずっと使いたい和の生活道具』(地球丸刊)がある。

line_box_foot