line_box_head

寒さが沁みるこの季節、山のウェア選びはOK? その2

(2014.12.06)

登山のTOP

icon

undre4

とくに初心者のうちは、低山歩きでも雪山に登るつもりでのウェア選びが大切。アウター、ミッド、アンダーの3つの層をしっかりと組み合わせて、山のレイヤリングの基本に忠実に。これが、冬のウェア選びのポイントのひとつ

undre5

もし冬山用のウェア買い替え資金が心許ないなら、まず第一に購入すべきはアウターではなく、アンダーウェアです! 写真は夏山で使いたおしたジャケットです。こんな状態ならまずはアウターを買いたいと思っちゃいますが、ここはググッと我慢のしどころ

undre6

アンダーウェアには、さまざまな種類があります。天然ウールは着心地もよく、保温性も高い。さらには、抗菌性も併せ持つ魅力たっぷりの素材。そのほか、発熱したり、濡れ戻しのない化繊モノや天然と化繊の双方のいいとこどりをしたハイブリッド素材なんかも開発されています

寒さが沁みるこの季節、山のウェア選びはOK? その1]から続く
                   

 では、どんな準備が必要なのかといえば、基本は雪山登山のそれとほぼ変わりはありません。ただし、滑りを対象としたスキーやスノーボード向きの装備ではなく、あくまでも「登り系」の装備です。

 雪山登山のウェア装備といえば、その1にもあるように、アウター、ミッド、アンダーの組み合わせが基本となります。暑ければ脱ぎ、寒ければ着る。この基本の動作を状況が変わるごとに繰り返す。これが、山のウェアリング技術です。

 レイヤードという考え方では夏山でも同じなのですが、冬の場合は、それぞれのレイヤーにあたたかくするための工夫が付加されると思えば、まぁ間違いではないでしょう。

 では、アウター、ミッド、アンダーのうち、どれがいちばん重要なアイテムなんだろうと考えたとき、あなたならどう答えますか?
 
 アウタージャケット!?

 たとえば冬山デビューをする場合、夏山装備からウェアを買い足したり、買い替えたりしますよね。そんなときは、まずはいいアウターが欲しいなんて思っちゃうのではないでしょうか。たしかに見た目は大事だし、カッコいいほうがいいに決まっていますよね。

 でも、答えはアンダーウェアです。

 機能性を重視して買い替えをするなら、まずはアンダーに気を使うべきなんです。アウターは夏山のそれでも、レイヤリング次第では流用もできてしまいます。でも、冬に使うアンダーは、夏山のそれとは別物です。

 冬のアンダーの役割の第一は「肌面を濡らした状態で放置させないこと」です。これは、身体の保温につながる第一歩だからです。
 
 どんなに寒い山でも、急な斜面を登っていれば、しぜんと汗をかくはずです。あまりに暑ければアウターのベンチレーションを開けるでしょうし、それでも暑ければ、ジャケットを脱ぎますよね。そんなとき、肌面には汗がジンワリと浮いていることでしょう。

 アンダーウェアは、この汗の水分をしっかりと吸い取り、次の層、つまりミッドレイヤーへと送り込む役割を果たします。アンダー、ミッド、アウターと、レイヤーを次々と通すことで、汗を蒸発・発散させて、肌面をドライに保つのです。性能のいいものは、汗が肌面に逆戻りをするのを防いでくれたり、素材そものもが発熱するものまであります。ウールなどのように、素材自体が保温性や抗菌性能を保持している場合もありますね。

 ついでなので、ミッドとアウターの役割も書いておきます。まずレイヤーの役割ですが、先ほどの、アンダーからの水分を受け取ってアウターへと送り込む役目がひとつ。そして、こちらがいちばん大事な役割なのですが、身体をあたためるために空気の層をつくることです。デッドエアをいかにたくさんつくれるか、いわゆる保温層の保持ですよね。インシュレーションともいわれる中綿素材をふんだんに使ったダウン製品はもちろん、フリース素材などもミッドレイヤーの代表的な製品です。

 そして、アウタージャケットは、おもに外からの雨風の浸入を防ぐ役目を果たします。もちろん、ミッドレイヤーから発散された水分を外へと誘う仕事もしていますよね。これが、よく聞く「防水透湿」という言葉の意味です。
 
 このように、山のウェア選びは、各層の組み合わせがとても大切なのです。肌面を濡らさずに、いかにして身体を保温させるか。どんなにいいアウタージャケットを着ていたとしても、アンダーが綿のTシャツだったりすると、まったく意味をなしません。夏山ならそれでも問題なく過ごせるかもしれませんが、冬山の場合はかなり危険。身体を濡らしたままで寒い場所に居続ければ、低体温症の危険性は加速度的にアップしちゃいますので。

 この考え方は、雪深い高山の山行でも、雪のない低山の山行ででまったく同じなのです。低山だから、夏山の装備にダウンをひとつ加えればOK! ではありませんよ。

 アンダーウェアに気を使う。

 この季節の山歩きには、大切なポイントだと思います。天然のウールでも化繊でもハイブリッドでも、山の専門ショップに行けば、冬用アンダーウェアとして数多く売っていますので、ぜひ足を運んでみてください。

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot