line_box_head

暖冬だからこそ行ってみたい! おすすめの日だまり日帰りハイキング5選

(2016.01.05)

登山のTOP

icon

amagi1

冬だと空気も澄んでいるので遠望がとてもクリアに見えます。木々の葉っぱも落ちて、見通しがよくなるので、いつもはうっそうとして見えない稜線からも展望が楽しめたりします。

 今年の冬は全国的になんだかとても暖かいようです。12月の平均気温が、平年を2度近く上回り、統計をとりはじめた昭和21年以降、最も高いといいます。気象庁によると、この暖冬傾向はエルニーニョ現象の影響で、今月以降も気温の高い日が多くなると予想されています。

 というわけで、この冬は、絶好のハイキング日和となる日が多くなるようです。というのも、じつはこの季節は、低山ハイキングにとても向いています。低山は標高が低いので、日ざしが強く気温の高いシーズンだとかなり不快です。ところが、冬であれば、ちょうど適度な運動で体もポカポカ、空気も澄んでいるので、葉っぱが落ちて見通しがよくなった稜線からは、展望もききます。日が落ちるのが早いので、行動時間は限られますが、暖かな日だまりがとてもうれしくなります。そこで、アキママではそんな日だまりハイクが楽しめるおすすめのハイキングコースを5カ所紹介しちゃいます。

 とはいえ、こういう気象パターンのときは、日本の南岸を低気圧がよく通過するので、寒気と重なると太平洋側でも大雪となる可能性もあります。最新の気象情報には十分注意してお出かけください。

1:伊豆/天城山

伊豆半島にある、天城山は日本百名山として多くの登山客を迎えている人気の山。しかし、実際には天城山という山はなく、万二郎岳(1299m)から最高峰の万三郎岳(1405m)、そして八丁池を通って天城峠へと至る山塊を天城山と呼んでいる。

2:房総/富山

房総半島の内房に位置する富山は、標高は低いものの、遠く伊豆諸島から東京湾を一望できる展望に恵まれた花の里山だ。冬場でもスイセンやナノハナなどの花が咲き登山者の目を楽しませてくれる。登山口の近くには無料の駐車場や道の駅などもあるので、マイカー登山がおすすめ。

1 2
 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot