line_box_head

イワタニ・プリムスに関わる人々の「声」を届ける「Real Voice」。第1回目はアルパインクライマー平出和也さんをピックアップ!

(2018.08.09)

登山のTOP

icon

 イワタニ・プリムスがオフィシャルサイトにて、同社に関わるアスリート、クライマーそしてスタッフたちの「声」を届ける新企画「Real Voice」を公開しました。

平出さんは東海大学で山岳部に所属して登山を学んだ後、2001年のクーラカンリ(7381m)の登山をはじめ、数多くの高所アルパインクライミングを実践。

 第一弾はアルパインクライマーで山岳カメラマン、そしてドイター・アンバサダーでもある平出和也さんの声。

 未踏峰や未踏ルートを登ることにこだわる平出さん。登山界のアカデミー賞ともいわれる「ピオレドール賞」を日本人として初めての受賞、植村直己冒険賞の受賞、パキスタン・カラコルム山脈のシスパーレ北東壁登頂、など平出さんの活躍は枚挙にいとまがありません。最近では、世界第二の高さを誇るK2の西壁新ルートについてのテレビ放映も行なわれていたので、ご存知の人も多いのではないでしょうか。

「誰も登ったことのない壁にラインを引きたい」。それは、ワクワクするものを探していた好奇心からだった。シスパーレ頂上直下のアタック(2017)。

 現在「Real Voice」では、平出さんの「バックパックの容量は、ひとつの覚悟(前半)」と「第二の登山人生に向けて、まっさらな状態に立ちかえる(後半)」を公開中。前半では、山行を支え続けるドイターとの出会いや、道具について。後半では、シスパーレや今後の登山人生についてが語られています。

 今後どのような人の「声」が届けられるのでしょうか? 楽しみですね。
 

■「Real Voice」サイト
 

■ドイターとは
 1899年にドイツ・アウグスブルグで創業したバックパックブランド。1900年代前半のヒマラヤ遠征やアンデール・ヘックマイヤーのアイガー北西壁初登頂などへの用品提供を通じ、登山用品メーカーとして知られています。背面通気性を高めることはユーザーのパフォーマンスを高めると考え、用途に応じたさまざまなベンチレーションシステムを考案。


 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot