line_box_head

『電波少年』からエベレストへ。“なすび”が世界の頂を目指した本当の理由---その②

(2016.10.24)

登山のTOP

icon

(なすび、前編はこちらから)
   

▼エベレスト登頂に4度の挑戦。資金調達なども大変だったのでは?

 そうですね。最初の資金集めは顔を知る方々にお願いをして集めたのですが、2回目はクラウドファンディングを使って資金を集めました。設定金額は600万円。クラウドファンディングの担当者には「その金額は絶対に無理です。過去に集まったことがないし、売名行為と取られてしまうかもしれません。100万あるいは200万くらいにしておいた方がいいのでは」と忠告されました。

 しかし現実問題、その金額では入山許可の費用にしかならず、もし集められたとしても、その後に掛かる費用もなかったので、あえて登るためのギリギリの必要金額を設定させていただきました。

 期限の1日前までで400万ほど集められたのですが、クラウドファンディングのルール上、設定費用にまで到達しなければコンプリートされず、「0」になります。さすがに24時間以内にあと200万を集めるのは無理だろうと正直、諦めかけていたんです。ところが周りのみなさんが呼び掛けてくださって、奇跡的に資金の調達ができたんです。

 とくにTVなどを使って呼び掛けたわけではなく、ネットでぼくの思いを理解してくれている不特定多数の方々、しかも、お会いしたことのないみなさんにご協力いただいたこともあって、ものすごくプレッシャーを感じていました。

 なにがなんでも登ろう、という強い思いでの再挑戦でした。

 ところが2014年は氷河の事故で断念。ぼくらがベースキャンプに着いたところで、ネパール政府から登山中止の連絡があったんです。

 理由はアイスフォールで氷河が崩落してルートがなくなり、16名の犠牲者が出ていたこと。また犠牲者の遺族と行政、そして続行中の登山隊との話し合いが進まなかったためでした。

 1年目は、(登頂はできませんでしたが)それでも全力を尽くした感はあったんです。ところが2年目はベースキャンプで終わり、スタートラインに立ったところで終わってしまったんです。多くの方々から応援してもらっていて、1年目よりも応援の輪の広がっていたので、どんな顔をして帰ったらいいか分からなくて……。

 また批判される、という怖さも心のどこかにありましたし、「消えてなくなりたい」と正直思いました。

1 2 3 4
 
 
ライター
久保田亜矢

スポーツ・フォトジャーナリスト、フリー編集者。スノーボードやスキー、アドベンチャーレース、サバニなどアウトドアスポーツをメインに、選手のインタビューや大会レポートを執筆。数々の雑誌で活躍中。『Adventure Race』編集長。http://ayakubota.jp

line_box_foot