• カルチャー

リアル脱出ゲームに参加してみた。

2013.02.17 Sun

宮川 哲

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

 結論から言うなれば、完全なる敗北でした。
 
 何に負けたかと言えば、まずは、純粋に謎の深さに負けました。そして、この謎を仕掛けたSCRAPの仕事の手際に完敗したのです。
 
 リアル脱出ゲームとは、文字通り、閉じ込められた空間から脱出するためのゲームのことです。ネットで「脱出ゲーム」と検索すれば、さまざまなコンテンツが見つかるはずです。これは知力を使って脱出するPC上のゲームですが、そのリアルバージョンと考えればいいでしょう。いま、注目急上昇中のイベントです。

 リアルだからといって、体力勝負での脱出を試みるのではなく、やはりこちらも知力の勝負となります。たとえば、こんな具合に。
 
 あなたは突然、ある部屋に閉じ込められてしまいます。そこには、同様に不安を抱える幾多の人々。一見、何もないように見える部屋には、暗号やパズル、指令など数々の謎が隠されています。それらの問題を同じ境遇にある仲間たちとともに、ていねいに解き進みながら脱出への道筋をたどりましょう。制限時間内に最後の鍵を手に入れることができれば、見事、脱出に成功。それができなければ、あなたは永遠に脱出することができなくなってしまうかもしれません……。
 
 “知”への刺激がかなり激しく、普段の生活ではあまり使われない脳味噌の一部分が短時間にフル回転する様が、他ではなかなか得られない快感を呼び起こします。閉じ込められているという仮想空間、設けられた時間制限、チームで謎を解いていくという即席の一体感、そして脱出成功率10数%とという数字。これらの要素が絡み合って、何やら、自分の頭の中を両手でもみくちゃにされるかのような、そんな不思議な感覚に陥ってしまいました。

 今回参加したのは、SCRAPがプロデュースしたイベントで『リアル脱出ゲーム×金田一少年の事件簿 からくり館からの脱出 殺人ゲームの謎を解け!』です。この公演は、あまりの人気の高さに追加で全国ツアー開催が決められるほどのイベントで、まさにいまも巡業の真っ最中です。そのキャッチは次のようなもの。

「あなたはこのからくり館で殺人の決定的な証拠をつかんだ。しかし、卑劣な犯罪者の罠にかかり、からくり館に閉じ込められてしまった! 殺人犯行予告時間まで残りあと一時間。一時間以内に犯人が仕組んだすべての謎を解き、犯人をつきとめれば脱出成功! さあ、あなたは、見事このからくり館から脱出し、殺人を防ぐことができるだろうか?」

 われらアキママチームも、あとちょっとのところまで謎解きは完成していたのですが、最後の最後に「え!? そんなところまで!」というような驚きをともなって時間切れ。見事、殺人犯の手に掛かってしまう結果となってしまったのです。謎についての詳細は、残炎ながらご紹介できません。この先はネタバレの危険があるので、それはルール違反となってしまいます。あしからず。

 ともあれ、「あとちょっとまで!」という口惜しき感覚を味わわせてくれる問題設定の上手さが、このリアル脱出ゲームの人気の秘密ともいえるのではないでしょうか。悔しさのあまり、リトライを決心させるような妙手を、SCRAPは持っているものと思います。

 と、ふと考えました。「このコンテンツ、野外でやってみたらどうなるのだろう?」 

 場所は、とある山間のキャンプ場。悪しくも大雨の降りしきる真夜中、唯一の一本道で橋が流されてしまったとの第一報が。完全に孤立する仲間たち。そして、森に響き渡るおぞましき叫び声……。ゾクッとしますね。これではあまりにリアル過ぎて、ちょっと本気で恐怖の域に入ってしまうかも。

 でも、やり方次第では、野フェスのひとつのコンテンツにも十二分になり得るのでは? と、本気で考えていたりもするのです。そして、次なるコンテンツへの参加も決心しているアキママチームです。今度は名探偵コナンなんですって。脱出するぞー! 
                                                                                                                                    ■注目のコンテンツ
リアル脱出ゲーム×名探偵コナン 摩天楼からの脱出
期間:2013年3月15日〜5月12日[東京会場/開催都市により、日程が違うので要注意]
場所:東京、大阪、名古屋、福岡、札幌など、全国33都市での開催決定
チケット:〈一般〉前売/2,800円 当日/3,300円 〈学生〉前売/2,300円 当日/2,800円[東京会場/開催都市により、金額設定が違うので要注意]
取り扱い:イープラス、チケットぴあ、ローソンチケットほか
主催:SCRAP

宮川 哲

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

Keyword

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント