line_box_head

【緊急】願い事は今夜が勝負! 史上最高の条件で見るペルセウス座流星群

(2013.08.12)

カルチャーのTOP

icon

流れ星

三大流星群のひとつで、年間でも常に1・2を争う流星数を誇ります。条件がよい時に熟練の観測者が見ると、1時間あたり60個以上の流星が観測されます。極大の時期がお盆の直前なので、夏休みなどの時期と重なり多くの人が注目しやすい流星群です。

放射点

極大期において、熟練者が夜空の暗い場所で観測したときに、一時間あたりに見られるおよその予想流星数は50個。街明かりの中や、極大期ではない場合には、数分の1以下となります。ペルセウス座流星群の一般的な出現時期は7月17日から8月24日、極大は8月13日頃です。流星数が増えるのは8月の中旬になってからです。

 こう毎日、毎日暑いと、夜もなかなか眠れませんよね。とくにここ数日は、全国でも記録的な高温となっているようです。そんなときは、無理して眠るのをやめて、どこか涼しいところにでも繰り出して、一晩中夜空を見上げていましょう。とくに今夜は、流れ星がバンバン振ってくる最高の流星天体ショーが見られるかもしれません。この際ですから、願い事がたくさんある人は、今夜この機会にぜひ、願い事を叶えてもらいましょう。

 というのも、毎年お盆の頃に観察ができるペルセウス座流星群ですが、今年は日本で見る絶好の条件がそろっているのです。流れ星とは、彗星が描いた軌道上に残ったチリの粒が、地球の大気圏に飛び込んで、それが高温となって光って見えるもので、いわば、彗星が残したホコリの固まりがグルグル地球の周りを回っていて、それが毎年決まった時期に地球と接近するので、毎年決まった時期にいろいろな流星群が見られるのですが、今年は、流星の観察に邪魔な月明かりがないこと、そして、流星がやってくる放射点と呼ばれるチリの固まりが、地平線よりも遥かに高く、そして流星群の活動が極大、つまりチリがたくさんあるということで、今夜から8月13日の明け方前にかけて、バンバン振ってくるというわけです。

 このような好条件で観察できる年はあまりありません。このチャンスを逃さず、ぜひ今夜はペルセウス座流星群を観察してみてください。2013年のペルセウス座流星群の極大は、8月13日午前3時頃だと予想されています。放射点は北東の方角です。その前後の時間帯は、流星群の活動が最も活発になると考えられます。

 ただ、そのときに晴れるとは限りませんし、流星群が予想外に活動する可能性もあります。ですから、あまり予想だけにとらわれず、なるべく長い時間、そして長い期間観察を続けてみてください。長く観察すれば、それだけ流星を見る機会が増えることになります。

 観察のポイントとしては、長い時間見ているわけですから、立って上を見上げているとクビが疲れてしまうので、できるだけ広い空が見わたせて、町の灯りや、街灯などが目に入らない場所に、マットなどを広げて夜空を見上げて寝転んで観察してみましょう。深夜といってもムシムシとして暑いので、できるだけ涼しい、標高の高い山や高原、近所の丘などがいいかもしれません。夜はやヤブ蚊などもいるので、虫除けスプレーや蚊取り線香などもあるといいでしょう。子どもさんがいるファミリーは、この日ぐらい、家族で夜更かしをしてみてもいいのでは。夏休みの自由研究にももってこいです。

参考:国立天文台HPより 

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot