line_box_head

都民の森で木工体験

(2013.09.24)

カルチャーのTOP

icon

画像

こんなにかわいい掛け時計を、1,500円の材料費で制作可能! 工具などはすべて貸し出してくれる

画像02

こちらは巣箱。ぜひとも庭に置いて、かわいいさえずりを聞きたい

画像03

工作は都民の森の中にある、木材工芸センターで

 今やヘビーなリピーターからも人気を博す「檜原都民の森」。都民ならずともウェルカムな森林施設では、さまざまなナチュラルイベントが定期的に開催されている。

 たとえば「Mini 木工教室」では本立てや巣箱、掛け時計などを作ることができる。木工にはすべて指導員が立ち会い、工作機械の使い方から組み立てまで、丁寧に指導してくれる。もちろん工作はこどもにもできるよう工夫されているうえ、安全面からもさまざまな配慮がなされている。

 驚くのはその価格。巣箱なら400円、本立ては800円、掛け時計でも1,500円というお値段。自分で材料を買ってきて工作するよりもずっと安く、簡単で安全に木工を楽しむことができるのだ。

 「Mini 木工教室」は当日申し込みで参加できる半日コースのイベント。受付は教室が他のイベントで使用されてない限り毎日おこなわれており、工作物は自由に選ぶことができる。
詳しくは「檜原都民の森」へ。

檜原都民の森
http://www.hinohara-mori.jp/
042-598-6006

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot