line_box_head

三宅洋平がオーガナイズする残波ジャム。沖縄から、新しいフェスのムーブメントが届けられる。

(2013.11.06)

フェスのTOP

icon

画像

今年で3回目の開催となる残波ジャム。小さな子どもが多いのも特長。

画像02

キャンプサイトも用意されている。風が強いかもしれないのでご用心を。

画像03

去年出演したUA、今年は三宅洋平+UAとして登場。どんなライブになるのだろう。

画像04

沖縄を代表するミュージシャンの喜納昌吉さん。昨年に引き続き登場。すべてのものが、ここで繋がれる。

画像05

もちろん三宅洋平率いる(仮)アルバトラスも出演。初日のヘッドライナーを務める。

 昨日、2013年の野外フェスのフィナーレとして紹介した<LOVE SAVES the DREAM>とともに、同じ日に開催される野外フェスがある。沖縄の読谷村で行なわれる<残波ジャム>だ。

 震災で沖縄に移住したオルタネイティブピープルと、それ以前から沖縄に魅せられたオーガニックピープルが、一緒に作り上げる祭り。中心となっているのは、選挙フェスで注目を集めている三宅洋平さんだ。

 三宅洋平さんは、かつて首都圏で、<NBSA+×÷>をオーガナイズしていた。これはハコを使ったフェス。バンドが音を止めることなく紡いでいき、そこにいるすべての人と場を共有することを試みたフェスだった。それが進化したのが<残波ジャム>だ。進化というよりも、熟成したといったほうが適切かもしれない。東京という都市ではなく、沖縄の残波岬という自然のそばで開催することによって、より大きな繋がりが誕生して、新たなムーブメントとして一歩ずつ「熟成」している。

 出演するメンバーは、沖縄を代表する存在の喜納昌吉さん、UA、PJ、RAS TAKASHIなど、沖縄在住のミュージシャンに加え、CRO-MAGNON、田我流、AO YOUNGなど内地から赴いていくミュージシャンが加わる。

 飲食出店も、他では味わうことのできないクオリティを誇っている。もしかしたら、バラエティさとあいまって、日本最高レベルかもしれない。日本最高ということは、世界最高ということだ。

 安心して食べて、安心して音楽を楽しんで、安心して仲間と語らう。そんな場が<残波ジャム>に違いない。成田発のジェットスターを調べたら、8日発の最低料金が12,990円。沖縄は、実はそんなに高くない。

残波ジャム2013
日時:11月9日(土)〜10日(日)
会場:沖縄読谷村残波岬公園特設ステージ
チケット:前売5,000円(2日通し券)、3,500円(1日券)
     当日6,000円(2日通し券)、4,500円(1日券)

残波ジャム2013の詳細はコチラをチェック

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot