line_box_head

佐藤タイジ、ソーラー電源フェス、中津川ソーラー武道館を語る。

(2013.11.01)

カルチャーのTOP

icon

画像

ソーラーエネルギーだけでの電源でのフェス。音も素晴らしいという。

画像02

現地での佐藤タイジ。「誰でも賛成できることを」とソーラー電源でのライブに動き出した。

画像03

会場全体の風景。のんびりと過ごす人も多い。泉谷しげるさんら、ベテランロッカーも数多く出演。

画像04

ラストはTHEATRE BROOKのライブ。参加したほとんどのミュージシャンもステージに登場。

 9月21日〜22日。岐阜県の中津川で、過去の世界を見渡しても、おそらく例がない野外フェスが開催された<中津川THE SOLAR BUDOHKAN>だ。

 電源をすべてソーラーでまかなう。そんな無謀とも思えることにチャレンジしたのが、THEATRE BROOKの佐藤タイジだ。

 THE SOLAR BUDOHKANは、去年の12月に開催。武道館ライブを、ソーラー電源だけで成功させた。そして佐藤タイジが次なるステップとして挑んだのが野外フェスだった。

 中津川は、60年代後半から70年代前半にかけて、<中津川フォークジャンボリー>が開催された場所。<中津川フォークジャンボリー>日本の野外フェスの起源のひとつでもある。そんな場所で、世界ではじめての試みが行なわれ、そして成功した。

 その<中津川THE SOLAR BUDOHKAN>の報告会が開催される。場所は西麻布の新世界。どんなことが行なわれ、そのときタイジさんはどんなことを感じたのか。そしてこれからは、どんな世界を築こうとしているのか。

 ライブハウスという小さなハコで語り、演奏される佐藤タイジの特別な時間。このイベントは、フリーペーパーLjの合同企画として、今回が3回目の開催となる。

佐藤タイジ/ソーラーライブ新時代 ver.3
日時:11月6日(水)
会場:音楽実験室 新世界

出演:ライブ:佐藤タイジ
   トーク:佐藤タイジ+菊地崇(『Lj』編集長)

オープン:19:00
ライブ:20:00〜
料金:予約:¥2500+ドリンク代
当日:¥3000+ドリンク代

佐藤タイジ/ソーラーライブ新時代の詳しい情報はコチラをチェック!

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot