line_box_head

ホーボージュン氏、白夜のクングスレーデントレイルを語る

(2014.09.22)

アウトドアのTOP

icon

画像

沈まぬ太陽、無人のツンドラ地帯、氷河を吹き抜ける風……北極圏の辺境でホーボージュン氏は何を見て何を感じたのか? そして何を語ってくれるのか?

画像02

100周年記念ビールで乾杯したら、トーク&スライドショーへ突入。

 100周年イヤーでいろんな催しが目白押しのホグロフス。国内のブランドストア1号店でもあるホグロフス原宿では、10月10日に100周年パーティと、“全天候型ライター”として各方面で活躍するホーボージュンさんをお招きしてのスライド&トークショーを開催するそうです。

 入手した資料を見ると「沈まぬ太陽」とか「王様の散歩道」なんていうキーワードが目に飛び込んできました。山崎豊子? 土曜日の朝の情報番組? など、いらぬ連想や空目はさておき、よく読んでみると、この夏ホーボージュンさんがテント泊で歩いたラップランドのトレイルのお話だそうです。ラップランドといえばスカンジナビア半島の北部の辺境の地、つまり北極圏。そして北極圏の夏といえばすなわち白夜の季節です。それだけでも興味をそそられるものがありますが、ジュンさん歩かれたトレイルはスカンジナビア山脈を貫くクングスレーデン(王様の散歩道)という、ロングトレイルハイカーに人気のトレイルだそうです。

 詳しい内容は、実際に観て聴いてのお楽しみですが、白夜、ラップランド、ロングトレイル、そしてホーボージュン、想像しただけでもワクワクします。

 トークショー以外にも、100周年パーティでは来場者全員へのプレゼントや、100周年記念ビールも振る舞われるそうです。しかも入場料無料! これは見逃せません。


HAGLÖFS 100yr party & FILDE VOICE in HARAJUKU
日時: 2014/10/10 19:30 START ※1時間30分程度を予定
会場:ホグロフス原宿
定員: 40名程度(予約可)
参加費: 無料

問合せ: ホグロフス 原宿 TEL:03-6427-1410
ホグロフスブランドストア公式Facebookページ

 
 
ライター
渡辺信吾

アウトドア系野良ライター。デザイナー、Webディレクター、コーディネーターとしても活動中。波乗り、雪乗りで一年中真っ黒。 ホームページ「NORA」

line_box_foot