line_box_head

『エベレスト3D』1996年5月10日、エベレストの真実……。

(2015.11.13)

カルチャーのTOP

icon

everest1

ロブ・ホールの役を演じるのは、ジェイソン・クラーク。ジョッシュ・ブローリン、ジェイク・ギレンホール、キーラ・ナイトレイ、森 尚子ほか、名だたる俳優たちがエベレストに挑む

everest2

ベースキャンプマネージャーを務めるヘレン・ウィルトンを演じるのは、エミリー・ワトソン。南峰で身動きの取れなくなったロブとニュージーランドの身重の妻、ジャンとを無線と国際電話でつなぐ役目を果たす。涙なくしては見られないシーンのひとつ

 話題の『エベレスト3D』。先週の6日金曜に封切りされ、全国の映画館で上映されているので、すでにご覧になった方も多いかと思う。

 1996年5月10日。エベレストでの大量遭難といえば、この時代に生きていた多くの人に衝撃を与えた事件だった。こと、山関連の仕事に就いていた身としては、第一報を得るのは一般の人たちよりも多少は早かったと思う。あのとき、エベレストでいったい何が起きていたのかと、詳報を得るためにさまざまな伝手を使って情報集めをしていたことを思い出す。とくに、難波康子さんの七大陸最高峰登頂成功の報のあとにやってきた行方不明の報には、大きなショックを受けたものだった。

 あの惨劇からもう20年近いときが経っている。5月10日の遭難事故では8名の登山者たちが亡くなっている。そのうちの5名が南東稜からの商業公募登山隊のメンバーで、残りの3名は北陵ルートを登っていたインド-チベット国境警察登山隊のメンバーだった(96年シーズン中には計12名の犠牲者が出ている)。

 この映画で描いているのは、前者の公募登山隊が遭遇してしまった過酷なるエベレストと、それに挑んだ人々たちの物語である。公募隊とは登山ガイド会社が顧客を募って組んだ商業登山隊のことであり、この映画の中心となるアドベンチャー・コンサルタンツ社代表のロブ・ホールは1993年に初めて、公募隊の顧客を山頂に立たせている。

 96年当時、エベレストには公募隊だけでなく、世界中から数多くの登山隊が集まっていた。アドベンチャー・コンサルタンツ隊のほか、スコット・フィッシャー率いるマウンテン・マッドネス隊、IMAX/IWERKS遠征隊、台湾隊、南アフリカ隊、イギリス隊、アメリカ隊……など、ベースキャンプは大混雑の様相を呈していた。そして、ルート上にフィックスロープの設置ができていなかったり、アイスフォールに設置されたハシゴ上で順番待ちの渋滞が起こるなどの問題が噴出。

 そんななかで5月10日の登攀当日を迎え、ロブ・ホールとスコット・フィッシャーの隊は行動を共にすることになり……。あの日、エベレストの高みで何が起こったのかについては、生存者たちが残した幾つかの書物によって描かれている。

1 2
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot