line_box_head

【展示会速報】テントブランド「HILLEBERG」の、あの幻のカラーって?

(2014.01.30)

道具のTOP

icon

ヒルバーグ01

エイアンドエフ展示会会場の入口にドーンと展示されていた実物のサンドカラー。足を止める人続出の話題です

ヒルバーグ02

2人用ドーム自立型テントで人気の「アラック」。赤やグリーンとはまた違い、落ち着いた雰囲気に!

ヒルバーグ02

耐風性に優れる2人用「ヤヌー」。こちらももちろんサンドカラーが追加に!

ヒルバーグ03

小さく軽さに定評があるタープにも、今回初となるサンドのラインアップが決定!

 現在進行形で、アウトドア業界ではメーカー各社が2014年に発売するニューモデルの展示会を開催。全国の小売店やメディアなどが続々と足を運んで、ひと足早く情報を仕入れています。Akimama編集部も本日午前中は、アウトドア用品の輸入代理店「エイアンドエフ」の展示会におじゃましてきました。

 そこで入手したのが、テントブランド「HILLEBERG(ヒルバーグ)」からのスペシャルニュース!
 
 ヒルバーグは、インナーテントとフライシートが一体になったアイデアで1995年にヨーロッパで”最高のアウトドア用品"に選ばれた、スウェーデンのテントブランド。現在もヨーロッパはもちろん世界的にも評価が高く、バックパッカーや登山者など本物志向のユーザーに非常に人気です。

 さてそんなヒルバーグ、現在の全モデルは鮮やかなレッドと、深めの色合いのグリーンからなる2色がフライシートの標準カラー。いずれもテン場でヒルバーグの存在を際立たせる印象的なカラーですが、この春から「サンド」がラインナップに加わることになりました!

 砂を意味する「サンド」は、もともとスウェーデンの国内限定で作られていた特注カラー。これまでにそのごくごく一部が日本の店頭に並ぶことがありましたが、アースカラーの落ち着いた色合いや、限定カラーとしての人気ぶりに、即完売が当たり前。まさに幻のカラーと言われていたものでした。

「問い合わせがあっても、在庫切れとお伝えするばかりだったのですが、今後は通常のラインアップとしてサンドをお買い求めいただけます(嬉)。定番の17モデルのフライシートにサンドが新しく採用され、さらにタープは今回がスウェーデン国内でも初! この春のアツいニュースだと思いますよ」と、PR担当の川上奈津子さん。

 人気テントブランドに、人気カラーが追加となれば、話題にならないはずがありません。春からのキャンプシーズンに向けて、テント選びに熱が入りそうですね。3月頃から発売開始だそうです!

お問い合わせ
エイアンドエフ
☎03-3209-7579

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot