line_box_head

【連載】日本のロングトレイルを歩く vol.11 八ヶ岳山麓スーパートレイルのセクションハイクへ行ってきた!

(2018.10.17)

カルチャーのTOP

icon


 ロングトレイルを歩こうと決めたときに、最初に考えなければならいのが、何日間かかるか? という問題。歩くからには、もちろんスルーハイクをしたい! けれども、日程、予算、体力、すべて確保するのはムリ! という人にオススメなのがセクションハイク。

 ロングトレイルは、その長いルートをいくつかのセクションにわけています。スルーハイクする場合は、その全行程を一度の挑戦ですべて踏破するのですが、セクションハイクは、全行程のなかで区切られている区間をひとつづつ踏破していくというもの。時間をかけてセクションを繋げ、最終的にはスルーハイクした人と同じロングトレイルを踏破するというわけです。

 私が都内から日帰りセクションハイクできるロングトレイルを探して向かったのは、八ヶ岳山麓スーパートレイル(以下、YTS)。八ヶ岳連峰の山麓を長野、山梨両県にまたがる12市町村を経由し周回する、全長約200kmのロングトレイルです。2011年に開通しつつも、度々ルート設定を変更しながら運営を続けてきた、日本のロングトレイルのなかでも古くから活動してきたトレイルです。

 歩くセクションは、電車の駅がスタートとゴールに比較的近いものを探しました。すると「三分一湧水」がJR小海線の甲斐小泉駅に近く、エスケープルートなどを考えても甲斐大泉駅、清里駅と隣接する駅にアクセスできることがわかってきました。そこで、YTSのホームページで紹介されている全ルートのうちの「エリア06,07,08」の3エリアを一気に踏破するプランを立てました。

 今回設定したセクションは、まず舗装道路のアプローチを経て、南八ヶ岳の権現岳・編笠山登山口で有名な観音平に向かいます。そこから、八ヶ岳横断歩道(2002年に開通)で、天女山、八ヶ岳牧場を経て、美し森まで、赤岳を中心とした南八ヶ岳の山の中腹、標高1,450m~1,800mを一気に横断し、全長約16kmを歩くというもの。YTSのセクションでは、そのまま下山して清泉寮を経由し、清里駅でゴールというルート設定です。少し長めの距離ですが、一気に踏破できれば充実した1日になること間違いなし!と楽観的に考えて、早朝からトライしてみることにしました。ただし小海線の始発が、JR小淵沢駅 午前6:14発~甲斐小泉駅 午前6:22着だったので、この工程では時間が足りないと思い、前泊をしました。

 早朝 午前5:55。空もだいぶ明るくなっていました。いよいよ三分一湧水からセクションハイク開始です。最初は、山に向かって舗装道路を歩きます。登山道の入り口、小荒間交差点までは、約1時間ほどです。

(左)三分一湧水とは、戦国時代に農業用水を三方の村に等しく分けるために設置されたとのこと。(右)舗装道路と山道のミックスされた工程を歩くには、やはり登山靴よりも、サロモン X ULTRA3のようなシューズのほうが歩きやすいと実感。

 小荒間交差につき、そのまま道なりに少し登ったところで、観音平に向かうためのルートが3つ現れました。ゲートが閉まった林道、そのすぐ横の荒々しい林道、更に20mほど登ったところから始まる小泉口登山道。迷った挙句、私は権現岳の三ツ頭につながっている小泉口登山道から、観音平をめざしました。

(左)小荒間交差点を越えると、やっと観音平へのアプローチ(右)迷って選んだ小泉口登山道。まちがいではないが、権現岳の三ツ頭に向かう登山道で、途中で八ヶ岳横断歩道にぶつかります。

 結果からいうと、このルートはYTSのマップで推奨しているルートではありませんでした! 正解は、いちばん最初にあったゲートの閉まった林道です。詳細は、こちらの特定非営利活動法人八ヶ岳スーパートレイルクラブから提供していただいた写真とルート解説をご覧ください。

正解は、青の矢印。車道を登り左折。黄色のゲートを越えて林道へ! (下左)林道を歩き、二本めの防火帯へ右折。(下右)観音平の道標どおり、岩の間の道を登る。途中、笹の道が見分けにくいので注意。(提供:特定非営利活動法人八ヶ岳スーパートレイルクラブ)

 一応、私が登った小泉口登山道のルート解説も記載させていただきます。熊笹で判断しづらい登山道をしばらく登ると登山道の脇に、石でできた小さな御社(おやしろ)の八ヶ岳神社があります。この登山道に観音平と三味線滝を示す看板があります。が、この看板は無視してください! おそらく、八ヶ岳横断歩道ができる前のモノのようです。矢印の先は、どちらもリボンのマーキングもない笹の道。私は、ここで道を捜索して1時間も無駄にしてしまいました。

(左)小泉登山道の八ヶ岳神社の看板とともに現れる道標。(右)近づいてみるとこんな感じ。比較的、新しい看板のすぐ隣にあったので、ついこの看板を信じてしまった。左右どちらに行っても笹のなかのをさまようことになるのでご注意を!

 正解は、ここから20mほど登るとぶつかる「八ヶ岳横断歩道」まで登ること! ただし、ここはYSTのマップでみると観音平と三味線滝の中間地点。観音平からは45分の地点になります。ショートカットしてしまったことになり、トレイルのルートを完歩したことにはなりません。すでに道迷いで1時間予定よりロスしていましたが、時間的なリスクは承知の上で、私は観音平に向かいました。

正解は、こちらの道標! 八ヶ岳神社から、たった20mほど登れば整備された八ヶ岳横断歩道と交差します。

 観音平に着いたのは、午前9:15でした。三分一湧水からスタートして、すでに3時間30分も費やしてしまいましたが、山間部のスタート地点に着いてひと安心です。前日の天気予報では、昼過ぎから雨が降ることになっていたので、軽くひと休みして、すぐに出発しました。

(左上)観音平は、編笠岳、権現岳への登山道の入り口。車でアクセスでき、駐車場やトイレもあります。(右上)八ヶ岳横断歩道の入口。いざ、美し森へ!(左下)目標になるポイントとルートタイム(右下)わかりやすい看板に記載されているルートの省略図。

 さて、やっとYSTの山間部のパートに突入です。八ヶ岳横断歩道は、非常に整備が行き届いて快適な歩道でした。観音平を出発して、先ほど歩いてきた道をまた戻り、三味線滝まで一気に向かいます。途中で長~い木製の階段があり、しばらく歩くと三味線滝に到着しました。緑豊かな森のなかの滝は、さわやかな水しぶきを上げて流れ落ちていました。ここで顔を洗って、気分を切り替えて先を急ぎます。

(左)木漏れ日の気持ちのいい歩道を歩きます。(右)三味線滝は、濃い緑のなかから爽やかな水しぶきを上げていました。

 このあたりまでは、観音平から片道65分程度。木漏れ日も気持ちのいい歩道で、往復する人も多いようで、数名すれちがいました。この後は、この歩道のほぼ中間地点に位置する天女山をめざします。ルートマップには、つばめ岩、ツバクラ岩と続くのですが時間設定も長めです。実際に歩いてわかったのは、歩道と言うわりには、なかなかなアップダウンと熊笹の世界に挑みつつ、ひと気のないルートを黙々と歩くということでした。

 見通しもよく、ルートも明瞭です。倒木もカットしてあるなど快適な歩道が続くのですが、蜘蛛の巣が多かったのが印象的でした。じつは、三味線滝以降、天の河原までひとりも会うことはありませんでした。中腹をひたすら歩くので、展望がある場所に出ることは皆無なのですが、途中で展望台と書かれた看板を2度ほどみかけました。先を急いだので、ルートを外れて展望台までは歩きませんでしたが、下山後に調べると景色がいい場所に出るようです。時間があるときには、ぜひ展望台までいってみたいものです。

 実際、道標がいたるところにあり、それを見かけるたびに歩いている道があっていることの不安は解消されたのですが、万が一のエスケープルートが、どうなのか下山してから調べてみました。こちらで掲載されている「南八ヶ岳お中道 (八ヶ岳横断歩道 詳細地図 観音平~天女山)」に、ご本人が歩いて調べたと言うこのエリアの詳細マップが掲載されていますので参考にしていただければと思います。非常にわかりやすく、私は行くことができなかった展望台のことや、登山道近くのクルマの駐車スペースについても記載があります。(出典:ロッジ山旅

(左)三味線滝とつばめ岩の間にあった丸太を細工したベンチ(右)ルート上の道標で、下山方面に向かった矢印「八ヶ岳高原ライン」をよく見かけた。これがエスケープルートで、地図上の破線にあたるルート。「八ヶ岳高原ライン」は、山間部に入る際に横断した山沿いに走る道路のこと。

1 2
 
 
ライター
北村 哲

登山、スノーボード、キャンプ、フェス、旅好きのフリーライター。プランナー/ディレクターとして、アウトドアやスポーツ関連のカタログ、映像、イベント、アーティストコラボ商品などの企画制作も行う。富士山好きで、吉田口の歴史や登山道に詳しい。

line_box_foot