line_box_head

今どきのランタンはハンドライトモードに加えて、スマホ充電までできる!

(2015.02.18)

道具のTOP

icon

画像

おなじみのランタンモード。ぶら下げても、床に置いても使いやすい形状がナイスです。Akimama的には、テント内でぶら下げるときにはランタン本体で影ができないよう、横倒しの状態でギアポケットなどに突っ込んで使うのがお気に入りです

画像02

暗くなって歩くときにはヘッドランプだけでなく、ハンドライトも用意。その方が広い範囲を、見たいところ似合わせて細かく照らせるから便利です。あとは山小屋のお手洗い。ハンドライトがランタンになると、ものすごく助かりますもんね

 充電式LEDランタンでおなじみ、「UCO(ユーコ)」の新製品「テトラ」が発売になりましたよ〜。

 昨年発売された「アルカ」は、充電式ならではの “電池満タン安心感” と “余計な電池ゴミを出さない気持ちよさ” で人気を呼びました。

 今年の新製品「テトラ」ではその内蔵バッテリーを小型化。なんと重量も200gオーバーからわずか122gへとダイエットしちゃいました。それでいながら、ハンドライトモードで使ってもハイビームなら5時間、ロービームに至っては120時間もの点灯時間を誇るというロングライフぶり。もう、一回のキャンプじゃあバッテリー切れなんかにはならないんじゃないかって勢いです。

 さらに「テトラ」は「アルカ」同様、内蔵バッテリーから他のデバイスを充電することもできます! ってことは機器にもよりますが、スマホだとかヘッドライトだとか、そういうものも充電可能。この安心感はますます持って心強い。

 キャンプハイキングを楽しむには、荷物の軽量化が欠かせません。そのためには、ひとつで何役もこなせる道具がありがたい。ランタンがハンドライトにもなって、いざという時にはスマホ用のバックアップバッテリーとしても使える。こういうかゆいところに手が届く機能性って、ホントに嬉しくなりますよね。

■テトラ
サイズ:16cm×φ5cm(ランタンモード)、11.4cm×φ5cm(ハンドライドモード)
重量:122g
内蔵電池:2.6Ahリチウムイオン電池
明るさ:最大170ルーメン
耐水性:IPX-5
点灯時間:ハイビーム時/約5時間、ロービーム時/役120時間
付属品:充電用USBケーブル
価格:7,500円+税

詳しくはこちらへ

UCO
www.e-mot.co.jp

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot