line_box_head

万能アイテム、てぬぐいに注目!! 山好きの心をくすぐる“和てぬぐい”を発見

(2015.09.15)

道具のTOP

icon

tenugui1

キャラバンシューズの生みの親、佐藤久一朗さんが手掛けたオリジナルなデザインを型紙に起こして再現した和手ぬぐい。3本のピッケルをひとつにまとめて文様仕立てにしたものと、アイゼンと輪カンジキをモチーフに描かれたもの。どちらも、久一朗さんが山への想いを馳せながら描いたものだと思われる

tenugui2

パッケージも和のテイスト全開で、和紙を使用。そこには、モチーフとなった伝統的な山用具の紹介と、久一朗さんの意匠についての説明書きもつけられている。このパッケージ、捨てられないなぁ

 キャンプよろず相談所が活動13年目にして“和てぬぐい”を制作したニュースを、以前に紹介したことがありました。「いずれも限定100枚! 『キャンプよろず相談所』オリジナルアイテム登場」という記事ですが、発表以降、なかなかに人気の高い商品になっているようです。

 とくに、キャンプよろず相談所のトレードマーク「よ」をあしらった前掛けのモチーフをデザインしたバージョンが人気。フジロック以後のキャンプサイトなどでも、ひそかな注目を集めておりました。

 ところで、手ぬぐいって、最近再認識されているというか、あちらこちらのシーンで登場することが多くなっていますよね。キャンプよろず相談所だけでなく、たとえば、てぬぐい専門店のかまわぬさんが、8月末に嬬恋で行なわれたタイニーガーデンフェスティバルにも参加していたり、山岳雑誌の『PEAKS』が付録としてオリジナル手ぬぐいをつくっていたり……。

 綿100%の和の伝統は、野外での活動にぴったりの一枚ということでしょうか。前出の記事にもあったけど、外国の人たちにも“Japanese traditional towel”として認識されているようで、お値段も手頃だし、おみやげとしてもちょうどいいのかも知れませんね。

 で、今回ご紹介したいのは、ズバリ、山好きの心に響く“和てぬぐい”です。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot