line_box_head

【特別企画】知られざるアウトドアの楽園・台湾 第二の高峰「雪山」に登ってきました<登頂編>

(2017.01.15)

登山のTOP

icon


 標高3,886mの雪山(せつざん/Xueshan)は、雪山山脈の主峰であり台湾第二の高峰。かの地にも日本の百名山のごとく「台灣百岳」があるが、もちろんその百岳のひとつでもある。そして、台灣五嶽でも一座に数えられている。

 ひとつのピークにこれだけの修飾が付くのだから、やはり台湾を代表する山なのだ。そもそも台湾の最高峰には標高3,952mの玉山(ぎょくざん/Yù Shān)があるが、今回はなぜだかそちらに心がなびかず、Akimamaメンバーは端から雪山を狙っていた。字面が「雪山」なので、季節柄、「ゆきやま」をイメージしていたのかもしれない。

 だからアイゼンもピッケルもヘルメットも、バッチリと準備していった。

 いわゆる、日本の雪山装備一式を持って。でも、麓から見上げる山の稜線には、雪の「ゆ」の字も見当たらない。雪山の雪山シーズンは「ときには腰の深さまで積もることもある」と物の本にも書いてあったのに……事前に随分と調べてきたつもりが、しかもこのWEBの時代にこんなにも情報が得られなかったことに、正直、ビックリしてしまった。

 だから以後、雪山に登りたいと思う人の一助となればということで、この時期の雪山の様子を詳しく書いておきますね。

 まず、われらYorozu alpine club(これ、登山申請の際に提出したチーム名。Akimamaチームは、キャンプよろず相談所でもありまして!)が雪山に登頂したのは、2016年の12月5日の月曜日。前日の4日に入山し、標高2,500mの七卡山荘(しちかさんそう/Cika Cabin)に宿泊している。ともに天気は良好で、“冬なのに”まったく寒くない。標高3,100mの三六九山荘(さぶろくさんそう/Sanlioujiou Cabin)の入り口に掛かっていた温度計の表示は、5日の昼過ぎで12度だった。体感ではあるけれど、朝夕もそこまでは冷え込まなかったように思う。

 でも、“冬なのに”と思っていたのはわれらだけだったようで、日本の感覚でいえばまさしく秋山のそれ。なので、ピッケルを装備した大きなバックパック姿のぼくらに、入山口の雪山登山口服務站(登山管理センター)のオジサマが微笑みをくれたのだと思う。気のせいかもしれないけれど。「オッ、まだ雪降ってないぞ。日本からそれ持って来たのか!? 重いのにごくろうさん……」とかなんとか、そんなメッセージだったのかなーなんて。
 
 結果的には、こちらも事前に調べた似非知識になってしまったのだが、ここ雪山登山口服務站では入山前に装備一式のチェックがあって、不十分だった場合は登らせてもらえない、なんてことも書いてあった(はず)。が、背中のピッケルが効いたのか(と、勝手に思っていたけれど)、入山許可証とパスポートの確認だけですんなりと通してくれたのだった。

 本当のところは、装備のチェックが必要なのは1月から3月までの積雪期だけだったようで、つまり12月は台湾ではまだ冬期ではなく通常の登山シーズンにあたっていたのだ。なのでこの時期は、入山許可証さえ入手できていれば、誰でも登高可能ということ。背中のピッケルはなんの関係もなかった、という事実ですね。はぁ。

 はてさて、前置きが長くなってしまったけれど、この「【特別企画】知られざるアウトドアの楽園・台湾 第二の高峰「雪山」に登ってきました」シリーズは、メンバーのリレー連載でした。

 ということで、今更ながら承前。日本での準備編と台北、宜蘭から七卡山荘までは、こちらをご覧くださいませ。

【特別企画】知られざるアウトドアの楽園・台湾 第二の高峰「雪山」に登ってきました<申請準備編
【特別企画】知られざるアウトドアの楽園・台湾 第二の高峰「雪山」に登ってきました<入山編>

1 2 3 4 5
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot