line_box_head

【特別企画】知られざるアウトドアの楽園・台湾 第二の高峰「雪山」に登ってきました<下山編>

(2017.01.18)

登山のTOP

icon

 雪山主峰、3,886m。われらがYorozu alpine clubの登頂日時は、12月5日の午前10時36分だった。 

(山頂までの詳細は<登頂編>以前の記事を参照)

 山頂直下3,800mの最後の稜線を登っているときに、前を行く地元の若者たちの後ろ姿に出くわした。まだ距離はあるものの、彼らのテンションはかなり高いのがわかる。空気も薄いこの標高だというのに、ハシャギ方が半端ない。台湾の言葉が矢継ぎ早に飛び出している。

 しばらくすると、頭上から彼らの大歓声が降ってきた。ということは、山頂はもうすぐそこだ。ほどなくして3,886mの高みへ登ってみると、彼らは20代と思しき男3人女1人の4人パーティだった。しかもイケメンぞろいで、女の子もかなりカワイイ。

「雪山主峰」と彫り込まれた山頂の石碑に立ち、思い思いのポーズを決めている。ヨロコビが大爆発している具合だ。そして、人のヨロコビとは伝染するようで、登頂成功の気分も相まってか、こちらもテンションが急上昇していく。そして、雪山山頂は突然の日台友好の舞台となっていた。ともに登頂を褒め称え、ガッツポーズにハイタッチ。すると、横から耳慣れた音が。

 シュポッ。
 
 ビール好きなら誰でもあの音には反応するものなのか、ほぼ同時にわれらの全メンバーが振り向いた。台湾のイケメングループは、なんと3,886mの空の下、祝杯を上げ始めたのだ。いつのまに取り出したのか、手に持っているのは「雪山啤酒」という銘柄の350㎖缶。啤酒とはビールのこと。なるほど、雪山の山頂で雪山啤酒でカンパイというわけか! なかなか粋な趣向である。
左の写真が地元台湾の若者、イケメン&美女チームの山頂記念写真。そして、われらがYorozu alpine clubの面々が登頂すると、なんと雪山啤酒の差し入れが。そして、中央の写真と相成り、右側のカットで日台友好の登山チームのできあがり! いやはや、山頂のサプライズでした
 おぉ、その手があったかと、われらもやんややんやの大喝采。お前らおもしろいこと考えるなー、その重たいの持ってきたのかーなんて会話を交わしていたら、イケメンのひとりがおもむろに、まだ栓の空いていない雪山啤酒を差し出している。

 思わず、え〜、くれるの!? と素っ頓狂な声を上げてしまった。彼らは雪山啤酒をたくさん担ぎ上げたらしく、バックパックには6本パックが見え隠れしている。考えてみると、とてつもなくスゴいことである。自分で担ぎ上げたわけでもない重たいビールを、3,886mの高みで恵んでもらえるなんて。

 こんなことがあるとは! うれしい〜とテンションマックスとなり、シュポッとあけて口をつけてみる……世の中にこれほどまでにうまいものがあったのだろうか。金色のシュワシュワが五臓六腑に沁みわたる。

 雪山山頂で起こったサプライズに、驚きと感謝の念があふれ出してくる。全員で握手を交わし、主峰の石碑で日台メンバー合同での記念撮影。いやぁ、登ってきたよかったなぁ、生きてていてよかったなぁ、としみじみと山頂からの景観を楽しみつつも……イカン。ほんの少し飲んだだけなのに、かなり回ってしまう気がする。気圧が低いので酒が回りやすいのは当たり前なんだけどね。本当にクラァっとしてきそうだったので、彼らに感謝しつつも、われらは早々に下山を開始することに。

 聞けば、彼らも三六九山荘泊ということなので、またあとで会えるしね。では、再見! と、日本チームは長居をせずに山頂を後にした。しばらく下ってからでも、頭上からは声が降ってきていたので、彼らはまだまだ極上の宴会を続けるつもりらしい。なんとも、パワフルな連中だ。やるなー、台湾の若者クライマー。

1 2 3 4 5
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot