line_box_head

【特別企画】知られざるアウトドアの楽園・台湾 20代フェス好き姉妹、世界三大登山鉄道に乗って阿里山へ(其の一)

(2017.02.03)

アウトドアのTOP

icon

 山深きアウトドア天国の台湾。〈雪山編〉では本格的な山登りの様子をお伝えしてきましたが、奥深き台湾のこと、もちろん楽々と登れる山もたくさんあります。今回の〈阿里山編〉では、世界三大登山鉄道のひとつに数えられる阿里山森林鐡路に乗って、台湾の超メジャーな観光地、阿里山へ。レポーターは、Akimamaファミリーのフェス好き20代の若き姉妹。彼女たちが綴った「阿里山ノート」をベースにお伝えします。

12月4日(1日目)
 ガイドブックのおすすめは「嘉義からバスに乗って阿里山へ」となっていたけれど、やっぱり阿里山森林鐡路に乗りたい! 本当は、阿里山まで鉄道で直接行けるのだけど、少し前の豪雨の影響で、途中駅からの運休状態が続いてる。そこで、奮起湖からはバスに乗車して阿里山をめざすことに。台鉄嘉義→(阿里山鉄道)→奮起湖→(バス)→阿里山のルートだ。でも、阿里山の鉄道は1日1〜2本しかなく、席も少ない。なので、予約しておいて正解だった!!
阿里山とは……台湾島の中心から少し南にある玉山國家公園には最高峰の玉山(3,952m)がある。その西側手前にある山塊が阿里山である。地形的には玉山西峰から伸びた支脈の総称。この地は台湾を代表する林業の中心地でもあり、日本統治時代から森林開発のための木材運搬用の鉄道整備が進められてきた。以来、麓の嘉義から鉄道は敷設が続けられ、阿里山までの全長71.6kmの登山鉄道が完成している。この鉄道はインドのダージリン鉄道や南米のアンデス山鉄道と並び、世界三大登山鉄道のひとつに称され、現在では付近の観光業を担う太い柱に。林業はもちろん、高山茶の産地としても名高いエリア。また玉山を近くに望む阿里山だけに、台湾一の山をひと目見ようと多くの地元の人たちが訪れる場所でもある。玉山の山並みから昇るご来光は、阿里山散策のクライマックスといえる

 改札を出てすぐダフ屋のおじさんが声をかけてきて、切符売り場に並んでいるときも、続々とやってくる。また、日本語が話せるおばさんもいて「宿も紹介できるわよ!!」と言っていたり、とにかく賑やか。この日は窓口では切符が売り切れだったみたいで、ちょこっと雰囲気もピリッとしている。でも、わたしたちは日本で予約しておいたから、パスポートと予約票を渡してすんなりと切符もGetできた。
台鐡の線路(左)と阿里山森林鐡路の線路(右)の幅が、ぜんぜんちがう。幅1,067mmと762mm。阿里山のほうは、狭いからかすごく揺れた

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot