line_box_head

防水透湿、なのにしなやか! キミはテキサポールを知っているか?

(2015.09.17)

道具のTOP

icon

jack01

シンプルなデザインのアルパインジャケット。両脇にピットジップを備えながらも、470g(Lサイズ)という軽量な仕上がり

jack02

テキサポール ソフトシェルはストレッチ性が高く、体の動きを妨げません。余談ですが、一般向けのモデルは、ポーマークを四角で囲っています。丸で囲っているのはアルパイン向けのハイエンドモデル

jack

肘から腰の辺りまで大きく開くピットジップ。雨が降っているときだけ着るレインウエアと違い、長時間着続けるアルパインシェルでは重要なディテールです

 9月に入って山はそろそろ秋の装い。今年の紅葉はどうでしょうか?

 秋晴れと紅葉、そこに温泉でもあれば最高の組み合わせですよね。でも、「秋雨」なんていう言葉があるくらい、秋は雨が多い季節でもあります。この季節、山ではひとたび荒れれば冬も同様の厳しさですから、くれぐれも準備は念入りに行ないましょう。

「アウターは夏山のレインウェアでいいや」なんていう人も多いかもしれませんが、秋も積極的に山に行くなら、ここはちょっと奮発したいところ。ディテールのちがいで、快適性に差が出てきます。

 晴れていれば使わないことが多いレインウェアは、軽さや収納時のコンパクト性も重視したウェアです。一方のアルパインジャケットは、着続けることが前提のウェア。換気のためのベンチレーターを備えたり、適材適所で素材を使い分けたりと快適のためのさまざまな工夫を凝らしています。

 ジャックウルフスキンのエクソライト テキサポール ジャケットは、防水透湿素材テキサポールを使用したアルパインジャケット。

 テキサポールは、ジャックウルフスキンのオリジナル素材です。耐水圧の高いものや透湿性を特化させたものなど、目的別にさまざまなスペックの素材が揃っていて、このジャケットでは2種類を使い分けています。これがいいんですよ。

 直接雨を受けるフードや肩には、防水性と透湿性の両方に優れた素材を使っています。耐水圧30,000mm、透湿値35,000g/㎡/24hのテキサポール ソフトシェル インフィニティ ハイプルーフです。身ごろや袖は、動きやすい方がいいですよね。ここはストレッチが効いたテキサポール ソフトシェル エア+です。

身ごろや袖にはテキサポール ソフトシェル エア+、フードや肩はテキサポール ソフトシェル インフィニティ ハイプルーフ、適材適所で使い分けてます

 着心地が気になりますよね。近くの里山で試してきました。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot