line_box_head

【月曜読プレ】多彩な組み合わせで使える「SOTO サーモスタック クッカーコンボ」をプレゼント!

(2019.04.08)

道具のTOP

icon

 いよいよ、ラストスパート!毎週月曜日にアキママ編集部が気になっている商品を紹介し、その商品を抽選でプレゼントする企画、題して「月曜読プレ」。応募方法は、文末アンケートへの回答のみ。みなさま奮ってご応募ください!

 寒さに強いシングルバーナーや、ちょっとヒネリの効いた商品で定評がある、ドメステッィクブランド「SOTO」。今回紹介するのは、バーナーではなく、その相棒。昨年発売されてから、好評な「サーモスタック クッカーコンボ SOD-521」です。

 その名の通り、サイズや素材の違う2種類のマグを組み合わせて使用する「サーモスタック」と、調理もできる大型マグ「マグ750」をコンボにし、多彩な組み合わせで使えるようになったものです。

左が「サーモスタック」、右が「マグ750」と「コジー」のセット。2つ合わせたコンボです。

 まずは、「サーモスタック」の使い方の一例を。ステンレス製の「マグ350」とチタン製の「マグ400」にジョイントを使って1セットにします。これで、保温機能を持つ中空マグが完成。

(左上)コーヒーのセッティング完了(右上)チタン製の「マグ400」を使ってバーナーで手早くお湯を沸かします。(左中)お湯が沸いたら、ステンレス製の「マグ350」を受けにして、コーヒーを淹れます。(中右)リフターを使ってお湯を注ぎます。以外と細くお湯を注ぐコントロールもできますよ。(下左)更に、そのコーヒーが入った「マグ350」にジョイントを使って「マグ400」と合体させます。(下右)中空マグの完成!「マグリッド」で蓋をすれば、さらに保温が保たれます。

(左)調理もできる「大型マグ」。素材は、アルミニウム。容量は750mℓ。更に、この大型マグは、付属の「コジー」に収められ丸ごと保温できます。(右)「サーモスタック」の中には、リフターと一緒にSOTOのシングルバーナー「ウインドマスター, マイクロレギュレーター, アミカス」なども一緒に収納可能です。「マグ750」を単体で使用する場合は、小さめのガス缶、OD110缶を内部に収納可能。

 収納時は、8点全てのアイテムが入れ子式に収まり「大型マグ」の中に、スッポリ収まります。 フルセットの場合は、マグの最上部に載せてコジーのネット部分で包むことができます。セットの8点全てを持つもよし、目的に合わせて組み合わせを選ん で持つもよし。全て持っても、トータルで 310g。(ガス缶は除く)

 目的や人数に合わせて、組み合わせが変えられるこのコンボは、登山やハイキングからキャンプやフェスまで、自由自在。

 一番小さい「マグ350」の中にシングルバーナーとリフターを仕込んでマグリッドで蓋をすれば、ミニマルセットが完成。

 最大サイズの「マグ750」は、アルミ製。中に、OD110缶とシングルバーナー、リフターを仕込んでも、内部空間にはまだ余裕があります。2〜3人分のお湯を沸かしたり、ラーメンなど、ちょっと大きさが必要なものを料理する際にも重宝します。

 最小限と最大限の使い方を、あなたのお好みで見つけてみてください!

サーモスタック クッカーコンボ SOD-521
¥8,000+税

8点セット:総重量 310g, 本体収納サイズ:外寸 直径105x高さ125mm

①マグ350:重量 80g,容量 350ml,材質 ステンレス
②マグ400:重量 50g,容量 400ml,材質 チタン
③マグリッド(マグ350,400):重量 12g,材質 樹脂(本体)シリコン(パッキン)
④ジョイント:重量 12g,材質 樹脂(本体)シリコン(パッキン)
⑤リフター:重量 13g,材質 アルミニウム、ステンレス
⑥マグ750:重量 84g,容量 750ml,材質 アルミニウム
⑦マグリッドL(マグ750)重量 17g, 材質 樹脂(本体)シリコン(パッキン)
⑧コジー:重量 40g, 材質 ターポリン、アルミ蒸着シート


【応募要項】
応募方法:下記のアンケートフォームにご回答ください。
応募期間:2019年4月8日~4月15日
当選連絡:応募期間終了後、一両日中に当選された方にのみメールにてご連絡します。

終了いたしました。

 
 
ライター
北村 哲

登山、スノーボード、キャンプ、フェス、旅好きのフリーライター。プランナー/ディレクターとして、アウトドアやスポーツ関連のカタログ、映像、イベント、アーティストコラボ商品などの企画制作も行う。富士山好きで、吉田口の歴史や登山道に詳しい。

line_box_foot