line_box_head

【速報】火ばさみが、グッドデザイン賞受賞?!その名も「キングトング」

(2015.09.29)

道具のTOP

icon

画像01

 キャンプやバーベキューで使う火ばさみ(トング)がグッドデザイン賞を受賞というニュースが飛び込んできました。とはいえ、ただの火ばさみじゃありません。tent-Mark DESIGNS(テンマク・デザイン)から発売されているKING Tongs(キングトング)という、万能火ばさみが受賞したのです。

 テンマク・デザインは、いろいろなこだわりが詰め込まれた製品を次々とリリースするブランドとして人気です。中でも、アウトドア界の達人(奇人?)たちとコラボレーションしたアイテムには、達人たちの経験に裏打ちされた知恵やアイデアが盛り込まれていて、売れ行きも好調だそうです。堀田貴之氏の「ムササビウイング」、小雀陣二氏の「グランドハット」、長野修平氏の「ワーカーズオカモチ」などなど、魅力的な商品が揃っています。

 さてさて、今回のグッドデザイン賞を受賞した商品について紹介しましょう。これは、日本シーカヤック界のレジェンドであり沖縄カヤックセンターの代表でもある仲村忠明氏とのコラボレーションによって生まれた商品です。カヤックガイドとして、約20年以上に亘り焚き火だけで食事を作りつづけてきた仲村氏が、自作し愛用してきたトングをもとに製作されたものだそうです。小枝から薪までしっかりとつかめて、ダッチオーブンなどの鍋のリフターとしても使用できるというスグレもの。しかもバネの部分は特殊な構造によりへたりにくく耐久性に優れているそうです。

小枝から太い薪までつかめるという独特の構造。これも仲村氏の長年の経験から生み出されたもの

ダッチオーブンのリッドやハンドルも持ち上げることができるのはありがたいですね~

1 2
 
 
ライター
渡辺信吾

アウトドア系野良ライター。デザイナー、Webディレクター、コーディネーターとしても活動中。波乗り、雪乗りで一年中真っ黒。 ホームページ「NORA」

line_box_foot