• 道具

山で使える街アイテム、アラジンのアコーディオンコンテナ

2015.11.21 Sat

宮川 哲

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

 アメリカはシアトル生まれのアラジンといえば、お弁当箱やフードコンテナづくりの老舗メーカー。その誕生が1908年というから、すでに107歳の長寿ブランドです。それだけに、本国アメリカなどでは、もはや生活シーンの一部にもなっているそうで、どこの家にも、キッチンにはアラジンの商品がひとつやふたつは置いてあるようです。そして、世界的なブランドのひとつでもありますよね。

 そんなふだんの生活に密着したアラジンですが、いま、山で使える!! と話題になっている商品があるのです。すでに1年ほど前から国内の山用具屋などでも販売されていたので、ご存知のかたも多いかと思います。

 それは、アラジンのアコーディオンコンテナ。

 ずいぶんと気になっていたので、実際に購入して使ってみました。すると、これがまたとっても便利。山専用としてつくったわけでもないだろうに、山用具として必要な要素がいくつもハマり込んでいて、ちょっとビックリしてしまうほど。もしかすると開発担当者は、山好きだったのかなぁ〜なんて、勝手に想像してみたりして。

 ちなみに「アコーディオンコンテナ」とは日本国内の商品名で、本国では“Collapsible Lunch Bowls”となっています。直訳すれば「折りたたみ式の昼食用どんぶり」ってなところでしょうか。このどんぶりのなにが山向きなのか……まず挙げられるのは、スタッキングの妙ですね。 
   

スタッキングができる or できないは、山用具としての重要な要素のひとつ。気持ちいいくらいにピッタリと収まります

 上の写真にあるアコーディオンコンテナは、SサイズとMサイズのもの。ご覧のように、折り畳んだ状態のSサイズは、Mサイズのなかにピッタリと収まるようにできています。フタをきっちりとしめれば、持ち運びも楽々という仕組み。これは、山用具としても大きなアドバンテージとなりますよね。

 そして、フタにもちょっとした工夫がなされています。ボウルとして組み立てた状態でも、スタッキングができるようになっているんです。本体の底のかたちは丸みのあるスクエア構造となっていますが、フタにもこの構造が微細な凹みによってデザイン化され、本体の底のかたちにジャストフィット。同じサイズなら、段重ねても安定するようになっています。
    

赤いフタの中央部分にある細微な凹みが、本体の底のかたちと同じになっています。グリーンのボウルのように、フタを受け皿のようにして使うこともできちゃいますね。おっしゃれ〜

 さらに、山アイテムとしてうれしい機能が、フタの裏側にも備えられているのです。考えてみれば、フタがあること自体が山用具としての活躍の場を広げてくれていますが、そのフタには……。

 そうです、フタには水漏れ防止用のパッキンが装着されているのです。このパッキンがあるおかげで、なんと、液体状のものがそのまま持ち運べるんですよね。漏れを気にしなくてもいいので、キムチなんて強烈なものでも大丈夫。また、中に液体を入れてフタをしてしまえば、ボウル自体の強度も増すので、内容物が潰れる心配もなくなります。つまり、豆腐のような柔らかいものも問題なくパッキングできる。キムチに豆腐とくれば……山上キムチチゲ! なんて、乙なことも気軽に楽しめるようになるでしょう。


このパッキンのおかげで密閉性が格段にアップ! 
 山向き機能は、それだけではありません。身体にもやさしく、ちゃんと“BPA free”となっています。環境ホルモン云々の問題はともかくとして、BPA freeは、いまや山で使うプラスチックボトルでは常識にまでなっていますよね。アラジンもそこのところ、しっかりと抑えています。

 あとは、軽さもその魅力。Sサイズで42g、Mサイズでも96gと、山用具としても申し分ないスペックが並びます。そのほか、もともと山用ではない証拠に、電子レンジでの使用のほか、食洗機もOKということになっています。街用であり、山用でもあり。デザインも洗練されているし、思わず手に取りたくなっちゃう商品ですよね。
 

シンプルな構造のなかにも、さまざまな機能が盛り込まれた魅力的な食器です 
 ただし、山用具としてみたときに、ひとつだけ残念なことが。記事にあるスタッキング収納のことですが、これ、MサイズとSサイズの組み合わせでしかダメなんです。実際にはLサイズも販売されていますが、折り畳んだ状態ではLサイズにはMサイズがハマらない(正確にはフタができない)……惜しい! ま、大き過ぎるどんぶりも山では必要ないかもしれませんし、Lサイズは家仕様ということで。

        

■アラジン/アコーディオンコンテナ
サイズ:S(120㎖/42g)、M(470㎖/96g)、L(950㎖/162g)
カラー(各サイズ):グリーン、レッド、パープル
価格(税別):S(700円)、M(1,000円)、L(1,400円)

 

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント