line_box_head

【ベストバイ】なぜか北欧の製品に惹かれてます

(2016.01.13)

道具のTOP

icon

画像

一目惚れ、衝動買いもいいけれど、熟考に熟考を重ねて買ったものは愛着も沸くってものです

 アウトドアライターや業界関係者が選ぶ「私のベストバイ」シリーズ。2015年に本人が実際に購入して使ったお気に入りのアイテムを紹介していきます。

 第一弾の今回は、A kimamaスタッフ渡辺が口火を切らせていただき、私のベストバイを2点を紹介します。

 1つめは、ノルディスク(Nordisk)の6人用テント「レイサ6(Reisa6)」です。ノルディスクというとコットン生地のクラシカルなテントが人気ではありますが、ナイロン系のテントもなかなか秀逸なのです。ちなみにこのシリーズは以前はピル(Piru)という名称でした。

 レイサ6はトンネル型構造で4本ポールで設営します。インナーは2人用と4人用の二つ付属していて、両サイドに吊り下げて設置します。両方使わないでどちらか片方だけを設置すれば、残りのスペースはかなり広々としたリビングスペースになります。何より気に入ったのは、183cmの私が中で屈まずに歩けること。それに左右がほぼ垂直に立ち上がっているのでデッドスペースが少ないのもいいですね。あとは開閉できるパネル部分が左右に2面、前方に1面あり、いろいろなパターンの跳ね上げができるのも楽しいです。

 実は私、2〜3人用ぐらいの小型テントは何張も持っているのですが、このような大型テントは初めて購入しました。いつか大型テントを購入しようと、使い勝手やスタイリングなどいろいろと検討に検討を重ね、ついに「これだ!」と思って決めたのが、このテントでした。恥ずかしながら、はじめて妻にほめられたテントなのであります。

レイサ6(Reisa6)/Nordisk

4本のポールをスリーブに通して、前後に引っ張るだけで簡単に設営できるのもトンネル型テントの魅力

1 2
 
 
ライター
渡辺信吾

アウトドア系野良ライター。デザイナー、Webディレクター、コーディネーターとしても活動中。波乗り、雪乗りで一年中真っ黒。 ホームページ「NORA」

line_box_foot