line_box_head

手のひらサイズのGPSロガー「GT-730FL-S」を半年間使ってみた

(2016.01.10)

道具のTOP

icon

画像

このサイズでGPSデータを記録可能。ポケットのどこに入れておいてもじゃまにならない大きさです。落としたりしないよう、アクセサリーコードでリーシュをつけています

 夏山歩きや冬山バックカントリーなど、自分の山行記録を残し、後日のルート検証を兼ねてGPSデータを残しています。

 今まではiPhoneを使っていましたがバッテリーの減りの早さや、気温が低すぎると勝手にシャットダウンしてしまうことなどからGPSロガーの導入を検討。まずは電池の持ちがいいもの、そして安いもの!ってことでネット徘徊をして「GT-730FL-S」を入手しました。2015年6月時点で4000円くらいでした。


この日は道北の里山を散歩。スプリットボードでも膝下まで埋まるほどの深い深い雪の中、地形図を見ながら林の中を進みます。自分たちが地図で見当をつけたルートと、実際にどう歩いたのかの違いは後ほどGPSデータで確認

 このGT-730FL-Sは、ただひたすらGPSデータを記録するだけ、という代物。本体に何かが表示されるわけではなく、記録したデータはPCに吸い上げて地図ソフトに表示させます。よって現場ではなく、帰宅後にルートを見ることしかできません。これがあれば現在位置が分かる、といったタイプのデバイスではないんです。ま、現在位置を知りたい場合はiPhoneを起動すればOKなので「GPSデータを残す」という目的にはバッチリです。なんせ重さは34g(実測)。ポケットに入れて滑っていても何らじゃまにはなりません。さらにGPSデータを受信するだけなので、冬場に使うアバランチビーコンとの電波干渉も避けられます。ここ、けっこう重要だったりします。

1 2
 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot