line_box_head

WILD-1 最新トレンド売れ筋アイテム キッチン用品小物編

(2016.03.20)

道具のTOP

icon

全国にたくさんの店舗を構え、外遊び好きの
さまざまなニーズに応えた品揃えを展開する
アウトドアライフストア「WILD-1」。
ここ1ヶ月で売れ筋の人気アイテムを伺いました!

 3月に入り一気にキャンプ用品が動き出しています。WILD-1では料理の提案に力をいれていますが、その中でも抜群の売れ行きの商品5アイテムを今回ピックアップしました。キャンプの醍醐味のひとつである「食」は各メーカー力を入れている分野ですので、アイテムも多くWILD-1スタッフも毎年新商品が楽しみな分野です。

ユニフレーム/ファン5DX

 複数の鍋がひとつに収納された「ユニフレーム」のロングセラー商品。何がすごいって、その組み合わせです。ひとつの鍋セットの中にステンレスの鍋とアルミの鍋が混在しているのって、じつはとてもすごいことなんです。ほかの鍋はアルミならアルミ、ステンレスならステンレスでセットになってることが多いですが、これは1番外側の大鍋はステンレスで、ライスクッカーはアルミというように、それぞれの鍋の役目が考えられ、最善の組み合わせになっています。生産効率はとても悪いのですが、あえてそこを組み合わせている部分が長く支持されている理由だと思います。

 
コールマン/スパイスボックス

写真右は使用イメージ(現行製品ではありません)
 調味料をキャンプ場へスマートに持っていけるスパイスBOX。最小限のスパイスで十分という方にはこれがベストチョイスだと思います。バラけがちな小瓶がキレイに収まる形状。あるとないでは快適さがまったく違う、隠れた名品です。今年はデザインもリニューアルし、さらに人気となりそうな予感です。

 
スノーピーク/コロダッチシリーズ


 このシリーズの発売当初は、12インチの深型や10インチの大きなサイズがダッチオーブンの主流で、正直「本当に売れるのだろうか?」と個人的に思った商品です。なにせ当時はローストチキンなどダッチオーブンといえば大人数の豪快な料理……などのイメージでしたから。ところが、そんな心配をよそにこれが大ヒット! このまま食卓に出せるデザインやサイズ感がお客様のハートをガッチリつかみました! 先日とあるキャンプ場でバイクのキャンパーが当たり前のように使用されているのを見て、ダッチオーブンの使用シーンの幅を広げた名品だと改めて思いました。

1 2
 
 
ライター
WILD-1

1984年創業の老舗アウトドアライフストア。仙台〜京都まで東日本を中心に17店舗を展開。豊かなアウトドアライフの実現のため、オリジナルブランドにも力をいれ独自の商品開発を行っている。

line_box_foot