line_box_head

『EDC』の顔、フラッシュライト(懐中電灯)の最新トレンドとお気に入りの4つ

(2016.03.22)

道具のTOP

icon


各種バッグに忍ばせているフラッシュライトを集めてみた。電池管理が大変だ!最近は直接充電できるライトが増えてきている

『EDC(Everyday Carry)』の顔と言えばナイフとフラッシュライト(懐中電灯)だ。ナイフ同様、日本ではあまり知られていないメーカーから様々なタイプが発売されている。知ってる範囲で、フラッシュライトの最近の動きを紹介しようと思う。


ヘッドランプは単三×1本のコンパクトモデルだが、バンド部分がかさばる。このフラッシュライトはクリップを使い帽子のツバに装着することも可能だ

 アウトドアと言えばヘッドランプだが、日帰りハイキング程度なら、コンパクトで、地形の見やすいフラッシュライトを使用している。洞窟探検も趣味なので、様々なタイプのライトを購入しているが、ライトには明るさよりも、操作性とデザイン、やはり価格を重視して選んでいる。最近、手頃な価格のフラッシュライトにも、真鍮や銅、チタンなどの、性能だけではない、所有欲を満たすモデルが増えてきた。


奥は限定5,000個の銅製モデル。手前は真鍮モデル。他にもチタン製などを出している。ともにOlight社

 写真手前は真鍮製、奥は銅製で、フラッシュライトの材料として重く、適していないが、使い込むと傷や表面が酸化し、オールドジッポーのようにエイジング(経年劣化)を楽しみ、自分だけの手放したくないライトができあがる。今までのアルミや樹脂製ライトは、ただ古くなるだけで、新しい明るいモデルが出ると、すぐに乗り換えてしまっていた。

1 2
 
 
ライター
森 勝

低山小道具研究家。元アクセサリーデザイナー。発明コンテストで賞金10万円を獲得した経験もあるギア好き。ブログは自転車とアウトドアライフ(遊び)

line_box_foot