line_box_head

スノーボーダー垂涎のガジェット登場!? イヤフォン型コミュニケーションツールBONX

(2018.01.30)

道具のTOP

icon

 今年は雪が多いこともあり、ゲレンデへ友達と行く機会も多いのではないだろうか? 友だち同士でわいわいスノーボード、あれ?こっちのコース?どっち?と、大声をあげたり、ジェスチャーしたりするが、あれ?はぐれた? そんなときに、役立つのがこのイヤフォン型コミュニケーションツールBONXである。イヤフォンをつけているもの同士が通信できる、トランシーバーの役割をするツールだ。
開放型イヤフォンなので、周囲の環境音も聞こえるBluetoothイヤフォンBONX Grip。
 片耳につけるタイプのBluetoothイヤフォンのBONXは専用スマートフォンアプリを入れることで使うことができる。BONXイヤフォンとスマートフォンなどのアプリを入れたもの(iPadはセルラーモデルのみ可)とはBluetoothで接続し、相手とはアプリを介した3G/4G/Wi-Fi等のインターネット(パケット通信)で接続するシステムだ。そして、アプリ上で同じトークルームに入り会話することができる。最大10人まで可能なグループ会話システムだ。

 今回ちょうど北海道ニセコグランヒラフへ行くスノーボードツアーに参加したので使ってみた。いつもは無線トランシーバーを個々でもっていて連絡をとりあったり、LINEで位置を教え合ったりしていたのだが、どういう変化がみられるだろうか? 雪もいいとの報告があったので楽しみでワクワクして現地へ乗り込んだ。
ボタン型をしていてコロンとしたかわいいデザイン。専用アプリの画面では、トークルームにいるメンバーを確認できる。広大なニセコグランヒラフで実験開始です!
 片耳だけのイヤフォンは小ぶりで丸い部分がボタンになっている。ウェアやビーニーを被る前に装着して、被ったビーニーを外さずそのままで操作できるようになっている。イヤーキャップの部分と外側のイヤーループの部分がサイズ展開しているので、自分にあったサイズに調節できる。

 私はイヤーループはLサイズ、イヤーキャップはSサイズを使ったが、耳が痛くなるというほどではなかった。外側のほうは、はもう一段階大きなサイズがあってもいいかもしれない。生活防水や耐衝撃性もあるので、万が一のときでも大丈夫そうだ。ただ、イヤフォンの稼働時間は7時間。ランチのときにちょっとモバイルバッテリーで充電しておく必要がありそうだ。
ピークへの登頂、このときの息のあがった音は感知されませんでした。
 さて早速、装着した状態で世界屈指のパウダーゲレンデ、広大なニセコグランヒラフを滑走開始。今回は14人の大所帯、2グループに分かれた。BONXは4台あって前のガイドとテール担当が装着した。アプリもインストール済みなので、グループのトークルームナンバーを教え合えば設定完了だ。あとは、プッシュトゥトークモードにして、これでまるっきりトランシーバーと同じ状態だ。耳を押せば会話ができる。

 はっきり言ってこれは楽だ。いままではポケットからトランシーバーを出したり、耳をつけていたとしても会話ボタンが押しにくかったり、伝えづらかったりしたし。携帯を出してもグローブをつけたままうまく操作できなかったりしていた。このBONXはグローブをしたまま、プッシュできる。すぐ会話できる。実際、トラバースしていて前の数名がコースをはずれかけたとき、ちょっと待ってと滑りながら前に伝えることができた。

1 2
 
 
ライター
HAL

移動型オーダーパティシエ。キャンプよろず相談所で各地のフェスに出没。スノーボードとスケートボードをこよなく愛し、コーチもこなす。結局、なんでも屋。HAL presents

line_box_foot