line_box_head

MERRELLの「TETREX」はどんな使い方が適しているのか? カヌーガイドが徹底チェック!!

(2018.08.03)

道具のTOP

icon

いよいよ発売になったMERRELLの新しいウォーターシューズ「TETREX(テトレックス)」。そのパフォーマンスを正確に知るには、徹底して現場で使い込んでもらうのが一番! というわけで、カヌーガイドの桑野智和さんにレビューをお願いしました。

 

こんにちは、桑野です。群馬県の菅沼(すげぬま)という国内屈指の透明度を誇る湖で、レイクカヌーのガイドカンパニー「ブルーバードカヌー」を主宰しています。今回は発売前のTETREXを2週間に渡ってお借りし、いろいろな水辺で試してきました。

 レビューの目的は、TETREXがどんな使い方に適しているのかを知ることです。シューズとは言え、これも立派なアウトドアギアのひとつ。得意なところはもちろん、不得意なところだってあるはずです。道具である以上、使いみちをきちんと把握しておくことが、楽しく安全なアウトドアに繋がると思っているからです。なので、自分の使い方に合っているかどうかではなく、どう使えばTETREXの良さを実感できるのか。そのあたりを探ってみました。

 というわけで仕事に、遊びにといろいろな場所で感じた、「TETREXはこんなところで使いたい! 状況別 BEST 3」です

 

■1位 SUP
<理由>
アウトソールのグリップがいい
真下に水が抜ける! 驚きの水はけの良さ
中敷きがしっかりしていて足裏感覚が豊か

 川でのSUPを楽しむならTETREXはかなり優等生です。アウトソールはデッキとのグリップが良く、足元が安定するので、下半身にしっかりと力を入れることができます。細かな体重移動もスムースで、足元が滑らないということがいかに心地よいか、このTETREXで思い知りました。

とにかくデッキ上のグリップの良さは驚き。なるほど、このアウトソールはこういう素材を掴むために選ばれたんだと納得でした

 そしてザブザブ水をかぶっても、スッと切れていく不思議な感覚も秀逸です。インソールには排水用の溝と共に排水用の穴が空いています。そしてインソールを抜いてシューズを透かしてみると、ミッドソールの薄皮一枚向こうにひし形の穴が空いているのがわかります。なんとこのシューズはアウトソールにも排水用の穴が空いていて、立ち姿勢で、しかもインソールに荷重をかけたままでも真下に水が抜けてくれます。この快適さは驚きでした。真下に排水できることで、シューズ内にいつまでも水が溜まってグジュグジュ感を残すことがありません。快適さのレベルがまったく違いました。

 このインソールですが、実はちょっと硬めのつくりです。おかげでパドルを扱いながらグッと体重をかけてもたわんだりすることがなく、力をダイレクトに伝えてくれます。さらにシューズの中に余計な水が残らないから足も滑らず、アウトソール自体がしっかりとグリップしてくれます。足裏でSUPの動きを感じ取ることができるため、操船の楽しさも倍増です。

 海や川でのSUPは素足でもいいんですが、川の場合は流れがあって落ちると石にぶつかることもしばしば。というわけで、足元は保護するのが大原則です。その意味でもTETREXはSUP用シューズとして、相当いいところにつけてます!

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot