line_box_head

コールマンの「ファイアーディスク」から「いい焚き火台」を考える

(2020.02.06)

道具のTOP

icon

 最近(といってもこの数年に)登場した焚き火台のなかでの個人的なヒット作がコールマンのファイアーディスク。このファイアーディスクを見本に「いい焚き火台」について考えてみたい。

いい焚き火台って、何だ?
 焚き火台の使用目的は大きく分けて3つある。ひとつ目は火の鑑賞用、2つ目は調理のための台として。多くの焚き火台がこの2つの機能を兼ね備えるが、軽量級ほど前者のウェイトが大きくなり、重量級は調理台としての機能が充実してくる。焚き火台の自重そのものには意味がないから、両立できるなら軽量で安定感の高い焚き火台ほどいい焚き火台といえるだろう。

 残る3つ目の目的が「方便要員」としての機能だ。要は直火禁止の場所で焚き火をするための言い訳である。方便焚き火台には、その火床の低さで地面をガンガン焼いていくストロングスタイルのものもあるが、キャンプ場は地面への負荷を軽減するために焚き火台の使用を求めている。芝を焼くような状況では使用を慎みたい(というか、ストロング系が迷惑をかけない状況は直火OKの場所しかない。そもそも使っちゃダメだと思うぞ)。

 上記に加えて、展開と収納のしやすさ、掃除のしやすさなども重要だ。組み立てが複雑だったり、使用後の処理が煩雑なものはストレスフルだ。

 これらを整理すると、軽量かつ堅牢で、調理しやすく地面を焼かず、展開&収納&掃除が楽。というのがいい焚き火台の条件といえるだろう。

ファイアーディスクをチェック!
 それではファイアーディスクを「いい焚き火台」の観点から見てみよう。収納時の厚みは8.5cm。プレートを折りたたむタイプよりは嵩があるが、どうせ焚き火をするなら手袋やトング、斧なども携行するのだ。これらを凹部に収納すればデッドスペースは気にならない。付属するケースはゆとりがあり、出し入れもしやすい。


 メーカーが公表する重量は約1.6kgで耐荷重は約30kg。耐荷重に対して自重は十分軽い。聖火台(?)っぽい形で、火の鑑賞もばっちりだ。焚き火台を中心に全方向へ熱を放つので、暖もとりやすい。しかし、展開時の最低地上高は約15cmと若干高さが足りない。芝生のサイトで長時間火を燃やす場合は、脚の下にスペーサーを入れたほうがいいだろう。

 調理面では専用の金網が活躍する。上面の4/5程度を覆える網は焼き台として十分な広さがあり、火床に近いので少ない炭でも調理ができる。

 炭を使う点では、ファイアーディスクの構造も有利に働く。底面が通気口のない1枚のプレートなので、薪を密に組んで燃焼させると簡単に熾を作れるのだ(酸素の流入が少ない状態で燃やすと、炭ができやすい)。薪の現地調達派は、最初に薪を積んで火を焚き、できた熾を均して使うとよいだろう。

 脚の展開方法はカチャカチャカチャっとワンタッチを3回。メーカーのサイトには「3秒設営」とあったが、3秒の壁は厚かった。常人なら作業時間はおよそ15秒。3タッチで展開・収納できる。それでも、ほかの焚き火台と比べれば格段に簡単だ。

 脚がしっかりロックされるので、焚き火を移動したい時は脚を持って移動できる。細いフレームを使った焚き火台や、地面に脚が設置することで火床が保持されるタイプではこうはいかない。底面が1枚のプレートなので、燃え残った灰が地面に落ちず、始末の際に炭や灰も捨てやすい(ただし、脚を強く握りすぎるとロックが外れるので要注意)。

 
ファイアーディスク、いい焚き火台じゃないか
 上記のとおり、ファイアーディスクはよくできている。軽く、丈夫で、設営しやすく、掃除も簡単。使っていてストレスがない。しかも定価は7000円以下。安い店なら5000円ちょっとで入手できる。担いでいくにはちょっとかさばるけれど、オートキャンプ用だと考えれば軽さと扱いやすさが際立ってくる。焚き火台としてバランスのとれた1台だと思う。

コールマン
ファイアーディスク

¥6,980(税込)
●使用時サイズ:約φ45×23(h)cm
●収納時サイズ:約φ46×8.5(h)cm
●重量:約1.6kg
●材質:ステンレス


そして、太陽光で発火できる唯一無二の焚き火台でもある。デビュー戦は太陽光で火入れをしよう!

 
 
ライター
藤原祥弘

野生食材の採集と活用、生活技術につながる野外活動などを中心に執筆とワークショップを展開。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot