• 道具

【NEWS】注目の新素材Octaが実現する究極の吸汗速乾性と軽量性を、カリマーの新作ミッドレイヤーで体感しよう

2021.10.26 Tue

 容赦なくふり注ぐ太陽の熱、刺すように冷たい風、身体にまとわりつく雪。

 多様な自然環境のなかにいても、からだをリスクから守り快適にアクティビティを楽しめるように、アウトドアウェアは素材そのものから進化し続けてきた。寒さに強い羽毛やウール、吸湿性を重視したパルプ素材、そして速乾性にすぐれた化繊系などが代表的だろう。

 なかでも、いまアウトドアメーカーが注目し採用している新しい素材が、Octa(オクタ)だ。

 Octaは、画期的な衣料繊維を次々と生み出してきた帝人フロンティアが開発した新素材で、吸汗速乾性にすぐれた超軽量なポリエステル素材。穴のあいた中空糸に8本の突起を放射線状に配列した、タコ足形断面が特徴的だ。この特殊な形状が細かな空間をつくり出し、そこに含まれるデッドエアーが遮熱性を高めている。さらに水や汗が通りやすくなり、サラッとした快適な着心地を実現した。

 そしておどろくのは、同直径のポリエステル繊維にくらべ、2分の1程度という画期的な軽さ。携行性はもちろん、着用時の快適性もすぐれたものになるだろう。さまざまなアウトドアメーカーから、このOctaを商品名に冠したウェアが続々発売になっていることからも、Octaのすぐれた性能がうかがい知れる。

 そして今季、イギリス発のブランドであるカリマー(karrimor)からも、Octaを使った新しいミッドレイヤーが発売された。登山時の行動食や小物入れに最適なチェストポケットや、ベンチレーション機能をデザインしたサーマルハーフジップ(thermal half zip)と、ベーシックで使いやすいクルーネックタイプのサーマルクルー(thermal crew)の2商品だ。

 寒さがきびしい雪山だけではなく、汗を大量にかく夏山登山であっても、アクティビティ中に体を冷やすことは安全な山行の大敵というのは登山の基礎知識。

 そのため、適切なレイヤリングが登山では必須になる。そこで体温の維持という重要な役割を追うのが、ミッドレイヤーだ。ミッドレイヤーとは、アンダーウェアやTシャツなどのベースレイヤーと、レインウェアなどのドライレイヤーの間に着る、中間保温着。からだを冷やさないためには、保温性だけではなく、汗処理することもミッドレイヤーの大切な役割になってくる。

 カリマーのサーマルハーフジップとサーマルクルーは、停滞時にはOctaの特性である中空部と8本の突起による空間に含まれるデッドエアーにより体温を維持することが可能。加えて、今季カリマーが掲げるシーズナルテーマ「New normal」のもと、表面に抗菌加工を標準装備している。

 秋の深まりとともに、アウトドアアクティビティのなかで、ふと山々の色づきに魅入ってしまう時間も出てくるだろう。そんなとき、うっかり秋風でからだを冷やさないように、ザックのなかには吸汗速乾性と軽さにすぐれたミッドレイヤーをザックに常備しておくと安心だ。

カリマー/thermal half zip(サーマルハーフジップ)
重量:170g
サイズ:XS、S、M、L、XL
素材:Octa ®(Polyester 100%)
カラー:Gravity Grey、Black
価格:15,400円(税込)

thermal crew(サーマルクルー)
重量:150g
サイズ:XS、S、M、L、XL
素材:Octa ®(Polyester 100%)
カラー:Gravity Grey、Black
価格:13,200円(税込)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント