line_box_head

NORDISK世界初の直営店が東京・世田谷にオープン。プロデュースするのは、toeの山根さとしさん。

(2017.03.04)

ファッションのTOP

icon

画像

フェスでも、このシロクマのアイコンのテントを見たことがある人も多いはず。世界初の直営店が東京・世田谷にオープン。

画像02

NORDISC CAMP SUPPLY STORE by ROOTを運営・プロデュースする山根さとしさん。山根さんはフェスでも大人気のインストバンド、toeのベーシストでもある。

画像03

18時から21時までのレセプションの終了時間まで、ずっと多くの人で賑わっていた。多くの人がこのショップに期待していることの証明だろう。

画像04

ノルディスクだけではなく、キャンプに使いたいグッズもセレクト。コーヒースタンドも併設される。

 天然コットン素材のレガシー・シリーズから、テントの重さを重要視するキャンパーたちにとって最適なライトウェイト・シリーズまで、フェスでもよく見かけるようになったNORDISK。シロクマがアイコンのデンマーク発のアウトドアブランドの世界初となる直営店が、東京・世田谷に今日(3月4日)オープンした。

 オープン前夜には関係者を集めてのレセプションパーティーが開催。一足早く、新しいショップを覗かせてもらった。

 NORDISKのフルラインナップに加え、ハードウェア、ギア、キャンプに必要なツールはもちろん、マウンテン・リサーチ、ホワイトマウンテニアリング、ザ・ノース・フェイス パープルレーベルなどのファッションブランドまでセレクトされている。レセプションパーティーではサーブされなかったものの、デンマークのトラディショナルフードのデニッシュホットドッグを提供されるし、フグレンコーヒーの豆を使用したコーヒースタンドも併設される。

 旅などにうってつけのバッグなどが人気のF/CEと、メンズ&レディースのアパレルブランドのso farを手がける山根さとしさんが、ライフスタイルを提案するセレクトショップとしてオープンさせた代官山のROOTが、このNORDISC CAMP SUPPLY STOREをプロデュース。ROOTで感じられるアウトドアとファッションをクロスオーバーさせたライフスタイルが、ここでも展開されている。

 土曜のオープン時間は朝8時。週末にふらりとキャンプに行きたくなった時でも、足りないものがあったら寄ってもらえればという願いから、この時間が設定されたという。

 場所は環状八号線と小田急線がぶつかったあたり。最寄り駅からも近いわけではない。レセプションも多くの人で賑わった。金曜の夜にレセプションと同じように、NORDISC CAMP SUPPLY STORE by ROOTに行くという目的を持った人が集うショップになるのだろう。東京発の新しいアウトドアカルチャーの発信基地として育っていくに違いない。
 
NORDISC CAMP SUPPLY STORE by ROOT
東京都世田谷区砧2-21-17
TEL:03-5429-6909
11:00 ‒ 19:00 (土曜 OPEN 8:00)
※定休日/月曜日

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot