• フェス

豪雪ジャム、豪雪地帯だからこそ実現可能な雪フェス

2013.01.31 Thu

新潟県の十日町地域は、世界有数の豪雪地帯だ。それほど寒いわけではないのに、多い年になると市街地にもかかわらず積雪が4メートルにも及ぶ。そんな豪雪地帯の十日町で開催されるのが「豪雪ジャム」。昭和25年に初開催された「十日町雪まつり」のために建造される巨大な雪のステージが「豪雪ジャム」の舞台になる。演歌やポップスではない、僕らの時代の雪まつり。それが「豪雪ジャム」なのだ。

ギネスブックにも掲載されたことがある雪の巨大なステージ。そこで自分の好きなバンドのライブが行われるというだけでも「豪雪ジャム」へ行く大きな理由となる。けれどそれ以上にフェスファンが「豪雪ジャム」を楽しみにしているのは、フェスの雰囲気に他ならない。2月第3週の日曜に開催されるのも、今年のフェスシーズンの幕開けを飾っているような感覚がある。雪のなかで遊ぶことは、無邪気だった子ども時代に戻れるのかもしれない。

2月の十日町の平均最高気温は3.7度。晴れればそれほど寒いわけではない。Tシャツになって踊っているファンもいる。もちろん雪が降れば、豪雪地帯なのだからそれ相当の野外のタフさを思い知らされる。幸運にも、過去5年でタフな状況になったのは初回の1回しかない。さて今年はどうだろう。そんなことを考えてしまうのが、すでに「豪雪ジャム」の虜になってしまっている証拠だ。今年は2月17日に開催される。

 

2013.02.17.sun ※雪雨天決行 

開場10:00 閉場17:00 

新潟県十日町市城ケ丘ピュアランド

http://www.gosetsujam.com/

 

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント