line_box_head

航空券2万円、チケット4000円。台湾のフェスに行ってみないか?

(2013.04.03)

フェスのTOP

icon

画像

おそらく、今年のポスター。19回目であることはわかるけれど、日時が見つからない。

画像02

SPRINGSCREEMの会場マップ。情報によると、ステージは7個あるらしい。

画像03

日本からエントリーしているのがno entry。no entryのライブは、5日の23時40分から。

 お隣の国、台湾。アメリカやヨーロッパのフェスのニュースは、ときおり入ってくるけれど、アジアのフェスのことは、「行った」という話もあまり聞いたことがない。日本には情報が入ってこないだけで、どうやらかなり盛り上がっているらしい。

 日本のバンドも出演するのが、台湾最南端の灯台近くの公園で開催される<SPRING SCREEM>。今年は日本からno entryなどがエントリーしている。

 演出節目表(バンドラインナップ)をオフィシャルサイトで見てみると、ほとんどのバンドは知らない。けれど、英語と漢字の表記が混じった節目表は、なぜかそそられる。例えば「otaku3」というバンド(たぶん)。漢字表記は「三宅一生」。ファッションデザイナーの三宅一生さんが出演するわけがなく、じゃあこのバンドはどんなスタイルで、どんな音楽を演奏するのか、気になってしまう。ちなみにno entryは漢字表記がないから、漢字表記されているのは、台湾(もしくは中国)のバンド、ということだろうか。

 野営(キャンプサイト)もある。蒙古包帳とはゲル式パオのことだろう。自助式露営とは自分でテントを張ることに違いない。

 ポスターを見ると、もう19回も開催している。しかし、ホームページがわかりにくいよなぁ。開催日時が、なかなか見つからない(ポスターにも書かれていない)。おそらく、今年は4月3日から7日まで。5日間で、200近いバンドが出演する。

 今日(2日)なら、まだ5日の台湾行きの航空券が2万円ちょっとで購入できる。フェスのチケットはnt$2400 元(約4,000円)。台湾最南端とあって、もう海に入れる暖かさだという。

 No entryのメンバーが戻ってきたら、どんなフェスだったか、聞いてみようっと。
 

SPRINGSCREEMのHPはコチラ
 

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot