line_box_head

グレイトフル・デッドのフィル・レッシュ。50年目の初来日。

(2014.03.03)

フェスのTOP

icon

画像

グレイトフル・デッドは、来年結成50年。デッドの司令塔を呼ばれたフィル・レッシュが、ついに初来日する。

画像02

ヘッドライナーとして、第一弾発表に名を連ねたジャック・ジョンソン。フジロックには10年ぶりの登場。

画像03

苗場に移って16回目の開催。今後もフジロックならではのラインナップが登場するはず。

 2月27日。フジロックの第一弾ミュージシャンが発表された。ヘッドライナーとしてカニエ・ウェストとジャック・ジョンソン。その他にも、フランツ・フェルディナンド、ベイスメント・ジャックス、マニック・ストリート・プリーチャーズなど、ヘッドライナー級のバンドも数多く発表されている。

 そのなかで、AKIMAMA編集部の大プッシュが、フィル・レッシュ&テラピン・ファミリー・バンドだ。フィル・レッシュはグレイトフル・デッドの創設メンバーであり、95年に死去したジェリー・ガルシアとともに、グレイトフル・デッドのサイケデリック音楽を形成したプレイヤーだ。フィル・レッシュのことを、「グレイトフル・デッドの司令塔」と賞賛するファンも少なくない。グレイトフル・デッドは65年に活動を開始してから、ジェリーが亡くなる95年までに、カウンターカルチャーを代表するバンドとして活動を続けた。デッドとデッドを指示するファンたち=デッドヘッズは、「もうひとつのアメリカ」と呼ばれていたほどだ。

 ジェリー・ガルシアが旅立って後も、フィル・レッシュは勢力的にライブを続けている。フィル&フレンズとして、多くのジャムミュージシャンと共演。サイケデリックの精神を伝えている。

 そんなフィルが、はじめて日本の地を踏む。肝臓移植によって、長い距離の移動はドクターストップがかかっているとも伝えられていたから、まさに「奇跡の来日」だ。1940年生まれのフィルは今年3月で74歳を迎える。ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとキース・リチャーズよりも歳上だ。

 きっと多くのヘッズがアメリカから追いかけてくるだろう。フィル・レッシュ。今年の夏、伝説が生まれるのは間違いない。

フジロック2014の詳しい情報は、コチラをチェック。

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot