line_box_head

名前に魅かれてしまう、5月に開催されるフェス3選!

(2015.05.08)

フェスのTOP

icon

画像

8日は前夜祭として17時スタート。「市場」とあるように出店も多い。出演するミュージシャンのラインナップも興味深い。

画像02

島民の有志が中心となって作り上げる新しい祭り。二階堂和美、ダブルフェイマスなどが出演する。

画像03

受け継がれてきたものに価値を感じ、新しい息吹を招き入れる。YoLeYoLe、奇妙礼太郎、SOIL&”PIMP”SESSIONSなどが出演。

「名は体をあらわす」じゃないけれど、その名前を見ただけで、雰囲気が伝わってくるフェスがある。5月に開催される「名前に魅かれるフェス3選」。

1 森、道、市場〜モリハイヅコへ〜
 2012年にスタートした愛知の三河で開催されるフェス。空間をバランス良く調和する。そんなコンセプトのもと、人や人、人や自然、人や音楽などの空間をどう作っていくのか。出演するアーティストのセレクトはもちろん、出店者も、この空間の演出者となっているようだ。4回目の開催にして、東海では、かなり注目を集めるフェスになっているという。

2 風が吹いてきたよ 小豆島・肥土山音楽祭
 瀬戸内海に浮かぶ小豆島で、今年初開催される「風が吹いてきたよ」。フェスのタイトルというよりも、歌や映画のタイトルのよう。音楽と食をフィーチャーし、300年以上にもわたって地域で継承されてきた農村歌舞伎の舞台が会場となる。都会的な便利さも建物もないけれど、豊かな自然と田畑がある肥土山(ひとやま)地域で、新しい風を感じてみたい。

3 揖斐川ワンダーピクニック
 岐阜県揖斐川町の旧市街地と隣接する山麓を舞台に開催される「揖斐川ワンダーピクニック」。変わらない「町と自然」を舞台に、独創的な「音楽・マーケット・アート」が展開される。新しいものを追い求めるだけではなく、古いものにも敬意を評する。そんな想いが貫かれているのかもしれない。

 こう「名前に魅かれる」フェスを取り上げていると、フェスはライフスタイルを創造する場所として、新しい一歩を踏み出していいるような気がする。

森、道、市場〜モリハイヅコへ〜
5月8日(金)〜10日(日)
会場:蒲郡・ラグーナビーチ(大塚海浜緑地)

風が吹いてきたよ 小豆島・肥土山音楽祭
5月9日(土)
会場:小豆島・肥土山農村歌舞伎舞台

揖斐川ワンダーピクニック
5月31日(日)
会場:揖斐川町市街地及び播隆山麓

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot