line_box_head

春分の日に開催されるアースデイ大船観音。地球を考え、平和を願う場所。

(2016.03.15)

フェスのTOP

icon

画像

高さおよそ25メートルの観音さま。平和を願い建造された。ここに関東で唯一、広島原爆投下の平和の火が灯されている。

画像02

オーガニックな食材を使った飲食ブースや手作りのアイテムなどのショップが並ぶ。

画像03

フジロックや朝霧ジャムに出演した光風や、60年代に旅を始めたシンガーソングライター内田ボブらが出演する。

画像04

日没から、OVERHEADSによるライトショーも行われる。観音さまに投射されるライトショーも必見。

 京浜東北線の神奈川県の始発終着駅である大船駅。駅のホームからでも見えるのが大船観音。ここで春分の日にアースデイが開催される。ライブがあり、飲食や物販の出店があり、ワークショップがあり、環境保護や平和に関するトークもある。地球環境について考える日であるアースデイ。春分の日に大船観音で開催することにした思いを、オーガナイザーの邪和さんに聞いた。

—— 去年、「アースデイ大船観音」の一回目が開催されました。大船観音で開催しようと思った理由は?

 長い間反戦反核の活動をされているナーガ(長沢哲夫)さんと内田ボブさんのブッキングを友人に頼まれまして、広島原爆平和の火が灯る大船観音寺で、平和の火をバックに、ナーガさんとボブさんにライブを行って貰えたらどんなに素晴らしいだろうと思っていたんです。同じタイミングで鎌仲ひとみ監督の映画上映と講演の話も来て、それが4月19日だったこともあって、「これはアースデイとして開催しよう」ということになりました。観音さまの慈悲と広島原爆平和の火へ集まった平和への願いを、世にもっと広めたいという松樹住職の思いが後押ししてくれたのでしょう。

—— 2回目の今回は春分の日に開催されます。春分の日に決めた理由は?

 春分夏至秋分冬至の季節の特異点は祈祷などを行う特別な日で、意識が拡大してビジョンやイメージが現実化しやすいタイミングと言われています。平和への祈りや地球環境への思いを深めるにはこれ以上ないタイミングだと思います。仲間達と年4回、春分夏至秋分冬至の日に暦を意識したライフスタイルを提案する「ぐるぐるまつり」を開催していたのですが、去年の冬至で一旦休止となったので、暦的には1年の始まりである春分の日に去年大盛況だったアースデイを行おうということになりました。311が近いというのも、大きな理由のひとつです。

1 2
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot