line_box_head

『電波少年』からエベレストへ。“なすび”が世界の頂を目指した本当の理由---その①

(2016.10.09)

登山のTOP

icon

 とくに山が好きだったわけではない。
 
 山と触れ合うことのない人生を送っていたので、山にはまったく興味がなかったんです。登山に対する関心はゼロだった。少なくとも2011年の東日本大震災までは。

 
▼震災後、いったいなにがあって、エベレストの登頂を目指すことになったのでしょうか?

 ぼくは福島で生まれ、育ちました。

 福島はぼくのふるさとです。震災が起き、その直後、多くの芸能人や著名人がトラックを何十台も集めて福島や東北へ行きました。また、何千万、あるいは億単位で義援金や募金を送ったという話を耳にしましたが、残念ながら、ぼくは初動で大きな活動がなにひとつできなかったんです。

 生まれ育った土地で、地元のみなさんが大変な生活をしていて、恩返しをするなら本当にいましかないだろう……と思いながらも、なにもできなかった自分が本当に情けなくて、悔しくて。

 2011年4月、ボランティアで福島のある避難所を訪れたとき、以前番組でお会いした海辺にあった食堂のお母さんと再会しました。お母さんは涙ながらに「あ〜なすびちゃん、来てくれたんだね」と喜んで抱きついてくれて、そしてすぐにぼくに謝るんです。

「ごめんね」って。

 理由は、番組の仕事で来たぼくと撮影したときの写真やサインをすべて流してしまったことでした。避難生活を送るなかでも、ぼくとの思い出を大事にしてくれていたんだと思ったら、うちひしがれている場合じゃない!! 地道でもぼくにできることをやり続けたいと考えるようになり、できるだけ復興支援イベントに足繁く通うようにしたんです。

 店頭に立つだけで、ほんの少しでも福島に興味を持ってくれる人がいるのなら、と。

 しかし、月日が流れるにつれて徐々に支援イベントの回数も減り、最初は飛ぶように売れていたものが、まったく売れなくなりました。福島に目をやると、震災からの復興というのはほど遠いんだと肌で感じまして、これを「風化」と言うんだなとも思いました。お金や物では取り戻せないものもあるとも。

 話は飛びますが、ぼくが『電波少年』をやっているとき、日本中が応援をしてくれました。当時視聴率が30パーセントを超えることもあったそうですが、じつはぼくの人生のなかで、あれはもう二度と経験したくない過酷な毎日でした。ただ、自分が頑張る姿が周りの人たちの夢や希望になるのか……と考えたときに、いまのこの福島にぼくができることってそういうことなのかもしれないと思ったんです。

 2011年に知人に誘われ、四国お遍路に挑戦したとき、通常5〜6時間かかる峠道を2〜3時間で歩ききったことから「なすびさん、山登り向いているかもしれないですね」と地元のかたに言われた言葉、年末に目にしたNHKの番組『グレートサミッツ』の冬山の風景、そして当時はまったく知らなかったのですが、若い栗城史多さんが単独無酸素で登る姿を偶然ドキュメンタリー番組で観ていて、単純に応援したいなと思った自分……そんな点と点が結び始めて、

「老若男女、誰もが知る世界一のエベレストに、山に対してまったくド素人のぼくが登ることができたら、福島のみなさんに“奇跡だ”と思ってもらえるんじゃないか? 登山未経験のなすびでも登れるんだったら、ぼくはこんなことに挑戦しよう、とか、こんな新しいことに挑戦してもいいんじゃないか」

とか思ってくれるんじゃないかと。
 

1 2 3 4
 
 
ライター
久保田亜矢

スポーツ・フォトジャーナリスト、フリー編集者。スノーボードやスキー、アドベンチャーレース、サバニなどアウトドアスポーツをメインに、選手のインタビューや大会レポートを執筆。数々の雑誌で活躍中。『Adventure Race』編集長。http://ayakubota.jp

line_box_foot