line_box_head

【GREENROOMインタビュー】海が大好きな仲間が横浜に集う、春フェスを代表するフェス。

(2016.05.14)

フェスのTOP

icon

画像

横浜赤レンガ地区で開催されるようになってから、春フェスを代表する存在として自他共に認められるようになった。

画像02

海外からやってくるミュージシャンと、日本のミュージシャンが見られるのが特徴のひとつ。今年はフジロックにも来日したことがありロック・アコースティック・デュオのロドガブなどが出演する。

画像03

マーケットは、チケットがない人でも楽しめる無料エリア。ここだけでも十分フェスの雰囲気が味わえる。

画像04

「海」を感じさせてくれるアートも会場内で展示される。海のカルチャーが一堂に会する。

画像05

GREENROOMは昨年からハワイでも開催されるようになった。今年も9月10日と11日に行われる予定だ。

海の自然を守ることをメッセージに、2005年に横浜の大桟橋ホールでスタートしたGREENROOMフェス。赤レンガ地区の会場を移してから、春フェスを代表する存在として、認知されてきた。音楽だけではなく、アートや映画まだを含んだフェスとして、独自のスタンスで進化を遂げてきた。海外のミュージシャンと日本のミュージシャンが同じステージに立つのも、GREENROOMフェスの特徴のひとつだ。今年はアコースティックのギターデュオでありながら熱いステージで海外ではフェスで引っ張りだこのロドリーゴ・イ・ガブリエーラや、昨今のR&Bシーンに多大な影響を与えてきた歌姫チャカ・カーンなどがやってくる。GREENROOM代表の釜萢直起さんにインタビュー。

—— 2005年にスタートしたグリーンルームフェス。そもそも立ち上げたきっかけを教えてください。

 カリフォルニアのラグーナビーチで2002から2004年まで3年間だけ開催された、ムーンシャインフェスティバルを見に行きました。最高にかっこいいイベントで、インスパイアされて、日本で、絶対にやりたいと思って、2005年2月に横浜大桟橋で立ち上げました。

—— 失礼な質問かもしれませんが、ここまで続くと思っていましたか。

 12年前の初回開催の日に、一生続けるとだけ勝手に決めました。あとは毎年、考えられたのは、来年のことまでで、1年1年が12年になったと思います。

—— グリーンルームは昨年からハワイでも開催されるようになりました。世界のビーチカルチャーをつなぐ存在になっているのではないですか。

 まだまだ海はとてつもなく広いです。でも、サーフカルチャーの聖地ハワイで開催できたのは、本当に嬉しかったです。それよりも、地元で開催しているという意識もあります、6年前にGREENROOMのART GALLERYであるGREENROOM Hawaiiをハワイに出店してから、今までの6年間ハワイのスタッフやローカルやアーティスト達と築いて来たことの上にある、念願の開催でした。今年は9月10日にハワイ最古の野外音楽堂ワイキキシェルで開催します!

1 2
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot