• フェス

茨城県結城市で開催される「結い市」は、町の魅力を再発見する町フェス

2016.10.05 Wed

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

 全国で秋フェスが開催されている。自然の懐に抱かれて開催されるキャンプインフェスもあれば、都市のハコを会場にした都市型フェスもある。いろんなスタイルのフェスがあるけれど、町フェスと言えるフェスも、ここ数年で増えてきた。その先駆的な存在が、茨城県結城市で開催される「結い市」だ。今年で7回目を迎える。

 結城市は茨城県の西部に市している人口5万人余りの地方都市だ。代表的な地場産業として結城紬があり、2010年にはユネスコの無形文化遺産にも登録されている。歴史的な町並みは残されているものの、多くの地方都市と同じように、高齢化が進むなどで町の中心部は寂しくなっていった状況だったという。

「正直なところ、当時は自分達も街に魅力を感じる事が少なくなり…寂しく感じながらも町との関係性も離れていく一方でした。そんな時に建築家の飯野くん(プロジェクト代表)と出会い『長年変わらないで続いていることが、逆に結城の貴重な資源ではないか?』という話になり、蔵など町中の建物を会場にして、アート作品、カフェ、ライブ会場などの出展会場として活用するイベントを企画。ふたりでメンバーを募り、プロジェクトを発足しました。結城市の『結』と相互扶助の『結い』からイベント名は『結い市』。プロジェクト名は『結いプロジェクト』と名付けました。結城の潜在的な魅力や新しい価値観を提案する事を目的に様々な事業展開をしています」と語るのは『結い市』実行委員会の野口純一さん。

『結い市』を続けることによって、ミュージシャンやアーティストたちも、快く参加するように変わっていったという。町フェスという他のフェスとは違うコミュニティを構築していることが、表現者にとって、新しいフィールドになったのだろう。今年は2日間で、のべ2万人の集客を見込んでいるという。

「今年のテーマは『素』です。『結い市』をかたちづくっている、様々な素。結城の町に流れてきた時間や人と、これまでの出会いから生まれてきたもの。今年はそんな町の素材をみなさんにも体感していただけるような様々な企画を準備しています。歴史のある街に今を感じる多彩なアーティストが集う2日間。正しく歴史と新しさが交わる特別な2日間です。そんな街を巡りながら、ゆっくりとした独特な時間の流れ方など結城の歴史を感じながら、思い思いの時間を過ごしていただけたらと思います」と野口さん。

 町とそこに住む人たちの暮らしが舞台となった『結い市』。町なかではストリートパフォーマンスがあり、神社ではフリーライブがある。歴史ある問屋街ではマーケットがある。こういう町フェスが、地方の活性化や再発見、そして人と人が結びつくきっかけになってほしい。

結い市

開催日:10月9日(日)10日(月・祝)
開催場所:健田須賀神社及び結城市北部市街地

出演:関取花、Kan Sano、stillichimiya、トレモノ、RyoHamamoto、他

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント