line_box_head

東日本大震災から7年。生きている幸せをつなぐ。今年も仮設住宅でSONG OF THE EARTH FUKUSHIMAで開催。

(2018.03.05)

フェスのTOP

icon

 未曾有の被害がもたらされた東日本大震災から、もうすぐ7年の年月が流れようとしている。時間の経過とともに、忘れ去られてしまっていくことも多いけれど、決して忘れてはならないこともある。あの震災の後に感じたこともそう。

 加藤登紀子さんや佐藤タイジさんが集う日比谷公園でのピースオンアースなど、今年も各地で3.11関連のイベントが開催される。

 大震災以降、月命日にはずっと福島で祈りの灯を灯す集いを開催し続けているのが、キャンドルアーティストのCandle JUNEさん。今年もJUNEさんが代表を務めるラブフォーニッポン主催によるイベントSONG OF THE EARTH FUKUSHIMA -CANDLE11th-(SOTE311) が3月11日に福島で行われる。今回の会場はいわき市のいわき南台応急仮設住宅。

「いろいろな想いの方が集まってもらいたいです。これまで福島各地で出会ってきた人達、地域の人達、県外の福島への熱い想いを持った人達。毎月11日には『たのしいね うれしいね おいしいね ありがとう!』というテーマで集まっていますが、亡くなったしまった方々とその遺族のみなさま、また行方不明の方とそのご家族、現在も震災、津波、原発事故によって辛い想いをされているみなさま。たくさんの方々のことを一緒に想い、そして生きていることの幸せをみなさんと一緒に実感できる日になれたらと思います」とJUNEさん。

 JUNEさんの想いに賛同して、多くのミュージシャンやアーティスト、出店者などが集う。そこはまさにフェスのような雰囲気になる。

 SOTE311に参加するすべての人の想いは真の復興へ向けられている。地震、そして原発事故がもたらしたものとは何だったのか。それを再確認する場所になるだろう。

SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA -CANDLE11th-(SOTE311)

開催日時:3月11日(日)11:00~20:00
会場:福島県いわき市いわき南台応急仮設住宅
料金:入場無料
出演:TOSHI-LOW、若旦那、細美武士、ORANGE RANGE(ACOUSTIC SET)、谷本賢一郎、渡辺俊美、片平里菜、青谷明日香、山岡トモタケ&剛(ex.WHITE ASH)、zero zero z、高橋てつや

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot