line_box_head

Hi! LIFEは都市のカルチャーと自然が交わる八ヶ岳で開催される絶景フェス。

(2018.07.20)

フェスのTOP

icon

「絶景音楽フェス」として、去年スタートしたHi! LIFE八ヶ岳。今年も7月3週に開催される。会場は標高1600メートルにあるスキー場。最高標高1900メートルに一気に昇る絶景リフトは乗り放題だという。そこからは富士山から南アルプス、秩父連峰まで360度のパノラマが広がっている。

 このフェスが特徴的なのは、その絶景の風景だけではなく、地域のカルチャーとつながりながらフェスが形成されていることだろう。八ヶ岳は、ずいぶん前から多くの移住者を受け入れてきた。その意味では、田舎と都市の共存が八ヶ岳では実践されてきたと言っていいかもしれない。ここに暮らしによって自分の作品を発表している人も多い。それはクラフト系のアーティストであったり、農薬を使わない農家であったり、食を追求した料理人で会ったり。そんな人たちが、このフェスには集う。

 東京からも車で2時間程度とそれほど遠くない。フェスを通して、新しいライフスタイルと出会う。この週末は、東京など各地で猛暑日が予想される。クーラーで避暑するよりも、自然のなかでさわやかな風に吹かれて過ごしたほうがはるかに心地よい。

Hi! LIFE 八ヶ岳 2018
開催日時: 7月21日(土曜) 9:00~21:00 - 22日(日曜) 9:00~18:00
会場:サンメドウズ清里
出演:七尾旅人、Polaris、bonobos、なぎら健壱、bird、坂本美雨+haruka nakamura、田我流、森ゆにw田辺玄、シアターブルック、Nabowa、勝井祐二、沖野修也、ブルーズ・ザ・ブッチャー、Afro Begue、他

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot